読み込み中...

産業用 IoT およびエッジでの通信

Kepware のトニー・ペイン (Tony Paine) が、産業用モノのインターネット (IIoT) の歴史、IIoT によってオートメーション システムや制御システムの運用がどのように改善されるかなど、IIoT について解説します。

電子ブックをダウンロード

デバイスとクラウドの相互運用性

産業用モノのインターネット (IIoT) は既存のテクノロジの発展形であり、エンド ユーザーによるプロセスの改善、生産性の向上、競争が熾烈化するグローバル経済での競争力の維持を可能にします。IIoT においては、これまで可能であったよりもはるかに大きなスケールで、信頼できて安全なデータ配信をパブリック ドメイン上で行うことにより、デバイスの接続性に関する相互運用性の課題を解決するテクノロジが必要です。

相互運用性は、現在、モノのインターネットが直面している最大の課題であり、多くの IIoT 展開において、IIoT を実装し、そこから価値を創出するうえで、それが障害となっている場合があります。

業界をリードする通信プラットフォームである Kepware の KEPServerEX は、デバイスとクラウドの相互運用性を実現する最も完成度の高いソリューションです。KEPServerEX を使用すると、単一の統合プラットフォームで、産業データを収集、集計し、こうしたデータへの安全なアクセスを提供することができます。

KEPServerEX は、Web ベースのテクノロジやメッセージのパブリッシュ / 購読プロトコルのサポートなど、プラットフォームの独立性と新しいデータ アクセス方法をサポートするために、IIoT とともに進化しています。Kepware では、運用効率向上という IIoT の約束を、予防的なメンテナンス、エネルギーの監視、製品ライフサイクルの理解、グローバルな製造トラッキングなどのアプリケーションによって実現する手助けをするために、これらのソリューションを開発しています。

モノのインターネット用のプラットフォーム

エッジベースの解析およびデータ ストレージ

数千の重要なデータ ポイントでの収集が可能な KEPServerEX は、通信が中断した場合にローカルに保存する機能を備えています。また、エッジベースの解析とデータ集約により、必要なデータのみを提供することができます。

KEPServerEX の詳細
産業用制御システムおよびビッグ データ

産業用制御システム (ICS) のデータは、工場のエンジニアおよび技術者にとっても、企業全体の経営幹部にとっても重要です。ビッグ データおよび解析ソリューションが効果を発揮するには、ICS アプリケーション内で利用可能な同じリアルタイムのデータに同時にアクセスできる必要があります。

KEPServerEX の IoT Gateway の概要
産業用接続性とエッジのデータ

KEPServerEX は、150 以上の通信ドライバーをサポートしており、機械、メーター、PAC、PLC、RTU、センサーなどの数千のデバイスに接続できます。Kepware の実績ある相互運用可能なプラットフォーム ソリューションにより、産業オートメーションのデータのアクセシビリティが向上します。

KEPServerEX のすべてのドライバー、スイート、アドバンス オプション

リソース


© PTC Inc. All Rights Reserved.