読み込み中...

ClientAce

Microsoft .NET API を介した OPC 接続の合理化

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
clientace のデモのダウンロード

製品の概要

ClientAce によってお客様の .NET アプリケーションを OPC 対応にできます。ClientAce は、Visual Studio で構築された任意のプロパティまたはカスタム コントロールにすばやく簡単に OPC アイテムを関連付けるための、ドラッグ アンド ドロップ インタフェースを提供します。さらに、機能豊富な .NET API により、OPC 規格に関する予備知識がなくても、OPC UA、OPC DA、OPC XML-DA サーバー アプリケーションに難なくアクセスできるようになります。

機能

DA Junction コントロール

DA Junction コントロールは、任意の OPC UA、OPC DA、XML-DA サーバーにアクセスする OPC クライアント アプリケーションを、Visual Basic .NET や C# のプログラマが簡単に開発できるようにする、カスタマイズされた .NET コントロールです。OPC インタフェースに関する詳細な知識は必要ありません。DA Junction は、カスタム クライアント アプリケーションと OPC サーバーの間の接続処理手順を実行するとともに、必要に応じて監視と再接続も行います。

DA Junction の特長は以下のとおりです。

  • 1 台以上の OPC サーバーでの接続処理手順を完全に網羅。
  • さまざまな OPC Data Access インタフェースから .NET データ型への OPC データ変換。
サーバー ブラウザ コントロール

サーバー ブラウザ コントロールは、ローカルおよびリモートのマシン上で OPC Data Access サーバーを参照する機能を提供します。サーバー URL がイベントとして返され、アプリケーションで接続の確立とデータ取得のために使用されます。

アイテム ブラウザ コントロール

アイテム ブラウザ コントロールは、ローカルおよびリモートのマシン上で OPC Data Access サーバーのタグ / アイテムを参照する機能を提供します。アイテム / タグが選択され、それらの情報がアプリケーションに返されます。この選択は、更新されたデータをサーバーにリクエストするために使用されます。

チャネル設定コントロール

チャネル設定コントロールは、Kepware が提供する OPC サーバー内のチャネルおよびデバイスのプロパティに対する特定の変更を表示および実行する機能を提供します。システム レベルのタグを書き込む権限をサーバーで有効にしておく必要があります。

サーバー状態コントロール

サーバー状態コントロールは、Kepware OPC サーバー プロジェクトのプロパティを表示する機能を提供します。このプロパティには、サーバーに接続しているクライアント数、クライアントによって追加されたタグの合計数、アクティブにポーリングされているタグの合計数が含まれます。

ClientAce .NET API

ClientAce .NET アプリケーション プログラミング インタフェース (API) は、C# や Visual Basic .NET などの言語のユーザーに、OPC サーバーにアクセスするための OPC クライアント アプリケーションを短期間で開発するための、シンプルで直感的な最適化されたクラス ライブラリを提供します。

API の特長は以下のとおりです。

  • シンプルで直感的な .NET インタフェース。
  • OPC UA、DA、XML-DA の各インタフェースは、主要な機能に絞り込まれています。
  • さまざまな OPC インタフェースに関する詳細な知識は必要ありません。
  • この API は、COM や DCOM など、OPC のさまざまな基礎技術を網羅しています。
  • この API は、1 台の OPC サーバーへの接続処理手順を完全に網羅しています。
  • ClientAce を使用することで、C# や Visual Basic .NET を使用した OPC クライアント アプリケーションの開発がとても簡単になります。
  • さまざまな OPC Data Access インタフェースから .NET データ型への OPC データ変換。
  • ローカルとリモートの両方の OPC COM サーバーを対象とする、高速でシンプルな検索。
  • C++ で実装されているカーネル機能を使用した、高パフォーマンスな最適化されたクライアント サーバー通信。
ライセンス
  • 開発ライセンスごとの設計時ライセンス
  • 開発ライセンスごとに、各ライセンスでのアプリケーション数は無制限
  • ClientAce の購入には初年度のサポートとメンテナンスが必要
  • アプリケーションには 1 時間のデモ タイムアウトが適用される (リマインダ ポップアップ表示)
  • ライセンスの購入後は、アプリケーションに署名することでタイムアウトとポップアップを回避
  • 署名ユーティリティは ClientAce に含まれている
ClientAce のインストールに付属する無料ツール
  • C# および VB.NET のサンプル クライアント アプリケーション
  • 1 時間のデモ

リソース

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

4.0.2.6

2014/04/23

Install

  • Updated the ClientAce binaries to version 4.0.2.6.
  • Added support for Visual Studio 2013 IDE.
  • Added the following new examples:
    • Simple ClientAce OPC DA VS2010-12 Event Example_VB
    • Simple ClientAce OPC DA VS2010-12 Event Example_CS
    • Complex ClientAce OPC DA VS2010-12 Example_VB
  • Tested support for the .NET 4.5 Framework.
  • Added installer and files for the Visual Studio 2010 C++ Runtime and OPC Foundation Core redistributables.

ClientAce Binaries

  • Corrected an error that caused AsyncWrite to sporadically throw IndexOutOfBounds exceptions.
  • Corrected an error that caused OPC UA Connect to hang when the targeted server either did not support or had not enabled the security settings specified in the ConnectInfo object.
  • Fixed the ReadCompleted and WriteCompleted callback functions so that they return results for each item even if there is a timeout while performing the Read or Write actions (or if the complete operation failed).
  • Added the new status code E_Timeout.

4.0.2.2

2013/07/16

  • Added support for the .NET 4.0 Framework in Visual Studio 2010 and Visual Studio 2012.
  • Added support to the ClientAce API that allows ClientAce applications to be developed as OPC UA Clients (for DA Information Models only). ClientAce supports all OPC UA security levels, direct connections to endpoints, and browsing for endpoints via Local Discovery Servers.
  • Added support to the DA Junction that allows users to connect to OPC UA endpoints directly or to browse for local OPC UA endpoints via Local Discovery Servers.
  • Added support to the ServerBrowser Control for OPC UA server browsing via Local Discovery Servers.
  • Added support to the ItemBrowser Control for OPC UA server connection and OPC Item browsing.
  • Added support for UA user authentication through the passing of username and password credentials to the OPC UA server.
  • Updated the Kepware-specific ServerState Control. There are now two controls: one for OPC DA and one for OPC UA. The Server Project Name field was removed from the control, and the Server Project Title field was added.
  • Updated the Kepware-specific ChannelSetting Control. There are now two controls: one for OPC DA and one for OPC UA. The controls were updated to support the new channel and device properties that were added during updates to KEPServerEX V5. Newly supported fields include Pending Reads/Writes and Max Pending Reads/Writes for diagnostics, Media Level Redundancy monitoring tags, device-level diagnostics tags, Scan Modem, and Ethernet Encapsulation.
  • Added support to the ClientAce API that allows ClientAce applications to be developed as OPC XML-DA clients.
  • Made an enhancement that allows users to force ClientAce to only use the OPC 3.0 IOPCBrowse Method or the OPC 2.0 IOPCBrowseServerAddressSpace Method. In the default setting, the ClientAce API queries the OPC Server to determine the OPC specification it supports and then uses the appropriate browse method; however, some OPC servers do not properly indicate the specifications that they support.
  • Added support for the IOPCCommon::SetClientName Method. For servers that support this on the OPC interface, this method allows a client application to identify itself to the server application in addition to the ClientID. Support for IOPCCommon::SetClientName was added to KEPServerEX versions 5.7 and later.

4.0.2.13

2015/06/23

  • Updated the libraries to version 4.0.2.7.
  • Added support during installation for Roaming Profiles with remote servers. Add-in Install location is now relative to the target directory selected during installation and is visible within Visual Studio's Add-in Options. Some users may be required to uninstall the product before upgrading to remove any Add-ins previously installed in the default location.
  • Added new properties to the ConnectInfo class that support configurable timeouts for UA Service calls and adding read/write groups with active items.
  • Updated DA Junction control to sample at the same rate as the publishing interval instead of sampling as fast as possible.
  • Fixed an issue where the revised update rate was not set when creating a subscription on an underlying OPC UA server.
  • Corrected an error causing an exception when removing a server through the ServerBrowser control.
  • Fixed a memory leak with applications using the asynchronous methods ReadAsync / WriteAsync without binding to a ReadCompleted / WriteCompleted event.
  • Resolved an issue where license requests on certain operating systems (Windows 7 or higher) could not be validated.

3.5.0.9

2012/02/21

  • Updated ClientAce binaries to address a low-level threading issue that could result in orphaned threads for callbacks.
  • Updated the VB .Net examples.
  • Added two new C# examples.
  • Fixed an installation issue that occurred when the user selected "Yes" in the "Disable Support for this version of Microsoft Visual Studio" prompt during the installation.

3.5.0.3c

2010/12/22

  • Added Support for Microsoft Visual Studio 2010

3.5.0.3

2009/10/06

  • Added Support for Microsoft Visual Studio 2008.
  • Added Microsoft Visual Studio 2008 ClientACE components.
  • Updated Visual Studio 2003 and 2005 ClientACE components to version V1.1.0.15. This update addresses anomaly with datatype sent by some OPC servers.
  • Added 3 Microsoft Visual Studio 2008 examples: Simple and Complex ClientAce VS2008 Examples, plus Simple ClientAce DA_Junction VS2008 Example.
  • Separated 3 Visual Studio examples into separate components and install Example only if corresponding Visual Studio is detected. For example, if only Visual Studio 2008 is detected, then only Visual Studio 2008 example will be installed.
  • Setup now requires a minimum of Microsoft Visual C# Language installed to Microsoft Visual Studio to enable adding of ClientAce Components to Visual Studio Toolbox.
  • Updated the help file for VS2008 and Vista specific requirements.
  • Updated the help file for changes in the OPC Items class, the properties are now a list array vs. an object array.
  • Update the help file with descriptions of the properties, methods, and events associated with the Server Browser, Item Browser, and DA Junction class objects.
  • Updated the help file with example code showing how to use the Server Browser, Item Browser, and DA Junction in a project.
  • Updated the License utility with new e-mail address for support rather than sales.
  • Updated the License Agreement.
  • Fixed issue where using ClientAce objects in forms that are a custom derived class cause them to fail with an exception.

その他の技術情報

開発環境のサポート

  • .NET 4.0/4.5
  • Visual Studio 2010 以降

Visual Studio 2008 のサポートについては、Kepware テクニカル サポート (+1 888-KEPWARE x211) にお問い合わせください。

ハードウェア要件

Visual Studio プロジェクトで使用するバージョンについて Microsoft が示す .NET Framework のハードウェア要件を参照してください。

  • 100 MB の使用可能なディスク容量
  • Microsoft Visual Studio の要件

ClientAce を使用して作成したカスタム クライアント アプリケーションを展開する際の .NET Framework の要件は、開発に使用した Visual Studio のバージョンによって異なります。詳細については、ClientAce 製品マニュアルの「Deploying Your Client Application」のトピックを参照してください。

ランタイム要件

Visual Studio 2010 C++ ランタイム再頒布可能パッケージ
  • ClientAce の下位レベル OPC レイヤーの一部は Visual Studio 2010 で C++ を使用して記述されています。このため、ClientAce には、このバージョンの再頒布可能パッケージへの依存関係があります。ClientAce を使用して作成されたカスタム クライアント アプリケーションを展開する際は、これらのファイルが存在することが重要です。この再頒布可能パッケージのインストーラは、ClientAce のインストール フォルダにあります。
OPC 協議会コア再頒布可能パッケージ
  • OPC DA クライアント / サーバー接続には、OPC 協議会のコア再頒布可能パッケージが必要です。これは通常、OPC クライアントまたはサーバーをオペレーティング システムにインストールするときにインストールされます。OPC クライアントまたはサーバーを一度もインストールしたことがない PC に、ClientAce を使用して作成されたカスタム クライアント アプリケーションを展開する際は、このアプリケーションが機能するように、これらのコンポーネントをインストールする必要があります。OPC 協議会のコア再頒布可能パッケージのインストーラは、ClientAce のインストール フォルダにあります。

ソフトウェア要件

アプリケーションを設計どおりに動作させるには、以下の要件が満たされている必要があります。

  • Microsoft Windows オペレーティングシステムに関する要件は、ClientAce と、ClientAce アプリケーションの開発に使用する Microsoft Visual Studio 開発環境の両方について同じです。使用する Visual Studio のバージョンに応じたオペレーティング システム要件に、使用するオペレーティング システムがリストされていない場合、そのオペレーティング システムでの ClientAce の使用はサポートされていません。

Windows Vista および Windows 7 での UAC

  • 設計環境ですべてのコンポーネントを正しく機能させるには、ClientAce を使用したアプリケーション開発に使用するマシンで UAC をオフにします。
  • UAC によって設計環境のフォルダとファイルへのアクセスが制限されるため、設計環境の一部のオブジェクトに影響します。UAC は、ランタイム環境ではそれらのオブジェクトに影響しません。


© PTC Inc. All Rights Reserved.