読み込み中...

Advanced Tags

ライセンス最低価格: $824.00
Download Free Demo

製品の概要

Advanced Tags を使用すると、運用に関する通信や解析にマシンツーマシン (M2M) のタグ リンク、ロジック、数学関数を利用できます。2 つのデータ タグのリンク、論理状態に基づくトリガの設定、生の測定値からの新しい値の計算が可能です。計算、ロジック、または解析を接続プラットフォーム レベルで行うことで、データがソースにより近づきます。

Advanced Tags

Advanced Tags により、ユーザーは、適切な運用解析のために必要なツールが手に入ります。そうした解析では、産業用制御アプリケーションによって一連のデータを提供する必要があり、多くの場合は、何らかの計算によって、欠陥を特定し、操作が適切に機能しているかどうかを判定する必要があります。Advanced Tags は、計算、ロジック、または解析を実行するための 6 つの使いやすい定義済みのタグにより、産業用制御アプリケーションでの意思決定と効率の向上を支援します。

リソース

パフォーマンス

  • リンク、ロジック、計算のための 6 つの定義済みタグ:
    • 平均タグ: 定義された時間内のタグの平均値を生産します。
    • 複合タグ: データ型の異なる複数のタグを、単一の複合アイテムまたは構造としてグループ化します。
    • リンク タグ: 異なるプロトコル間でデータをリンクします。
    • 最大タグ: 定義された時間内のタグの最大値を読み込んで保持します。
    • 最小タグ: 定義された時間内のタグの最小値を読み込んで保持します。
    • 派生タグ: 基本的なスクリプト記述と標準的なロジックおよび計算関数を使用して、定義済みのタグによるものを超える計算を提供します。式を評価する頻度と条件を制御できるこれらのタグを使用すると、ユーザーは、より複雑な数式をアプリケーションに組み込むことができます。
  • CSV (カンマ区切り) ファイルでのタグ データのインポートおよびエクスポートをサポート

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

6.1.601.0

2017/04/04

  • CSV からインポートされたスキャン速度が範囲外である場合、サーバーがスキャン速度をデフォルト値ではなく最小 / 最大値で置き換えるようになりました。
  • 派生タグ文字列式で NOT 演算子を使用できるようになりました。

5.21.112.0

2016/08/16

  • Fixed an issue, introduced in version 5.18, where the Input tag of a Linked tag could be incorrectly set to Active. This could cause unexpected and continuous polling of the Input tag.

5.19.467.0

2015/10/20

  • Resolved an issue where Advanced Tag mappings were not automatically generated in the Alias Map.

5.18.662.0

2015/06/23

  • Added support for bulk enable/disable of tags in the user interface.
  • Added the ability to undo a CSV import at the project level.
  • Quality is now set to bad with a configuration error when one or more of the tags the Advanced Tag references is invalid.
  • Quality is now set to bad with an out of service message when the user disables the referenced tag or one of its parent groups
  • Added support for reading Advanced Tags even when they are inactive. This allows an OPC client to add the Advanced Tag as inactive, perform a read, and get the most recent value.
  • Added a new quality keyword for Derived Tags. This allows derived expressions to use the tag quality as well as the tag value.
  • Enhanced the Link Tag to support a Link While True trigger mode. While in this mode, all changes to the input tag are written to the output tag at the given link rate.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Removed repeated error messages when the plug-in fails to add a tag reference.
  • Fixed a memory leak that was caused by the plug-in failing to load a 'Complete' tag reference.

5.16.728.0

2014/11/18

  • Fixed an issue that was introduced in the 5.16.722.0 release where the initial value of a Derived Tag could be corrupted after a CSV import.

5.16.722.0

2014/10/21

  • Fixed an issue with Derived Tags where a device read from a client caused the Derived Tag's expression to execute.

5.15.585.0

2014/07/22

  • For the On Input Value Change (Ignore Initial Update) trigger, BAD quality is no longer considered a change of value and is ignored. This was done to ensure that the initial update is ignored whether it is good or bad quality.
  • Enhanced Derived Tags to allow string comparison using the equals (==) operator.
  • Fixed an issue where advanced tag trigger expressions that used string tags were not working properly.
 

5.14.491.0

2014/02/18

  • Enhanced Link Tags to have the new trigger mode option On Input Value Change (Ignore Initial Update). This mode is identical to the existing On Input Value Change option, except that the initial update does not cause the Link Tag to write to the output. This is useful when the initial value in the Input Tag is not required or meaningful.
  • Fixed a Link Tag issue where the output would not get updated if the input read returned too rapidly, as seen with internal or simulated tags.
  • Updated the XML schema to allow for tag descriptions up to 255 characters. Corrected the size of the address field to be 1024 characters.
 

式の例

Advanced Tags のメリット

  1. コスト: 既存のマイクロ、ナノ、および低機能の PLC とともに使用でき、高価な PLC や PACS を購入する必要がありません。
  2. 時間: 単一のアプリケーションでリンク、ロジック、数学計算を構成することで、すべてのハードウェアおよびソフトウェア プラットフォームにわたって手法の一貫性が確保されます。
  3. パフォーマンス: サーバーと複数のクライアント アプリケーションの間の通信が減るため、ネットワーク トラフィックが低減され、帯域幅が向上します。
  4. 信頼性: データ アクセス ポイントが 1 つに集約されるため、すべてのクライアントでのデータの一貫性が確保されます。
  5. 知識: PLC または HMI のプログラミングの専門的なスキルは必要ありません。
  6. データ ソース: さまざまなアプリケーションやデバイスからデータを収集し、それを操作することができます。
  7. プロジェクトの修正: 新規または既存のリンク、ロジック、関数を、わかりやすいユーザー インタフェースで簡単に修正および構成することができます。

安価な運用解析ツールとして、DataLogger と任意の ODBC 対応データベースとともに Advanced Tags を使用できます。KEPServerEX は DDE 接続もサポートしており、Microsoft Excel と Advanced Tags を組み合わせて利用できます。


アドバンスト プラグインとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

アドバンスト プラグインは、KEPServerEX 接続プラットフォームの機能を拡張します。高度なサーバー機能を提供し、デバイス レジスタの生データ以上のものにデータを変換することで、その有用性を高めます。

アドバンスト プラグインのライセンスは、個別に、またはスイートの一部として取得することも、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することもできます。

ご購入に関する情報

Advanced Tags

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$824.00/年