読み込み中...

EFM Exporter

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

多くのフロー コンピュータやデバイスは、主に管理輸送に使用される電子流量測定 (EFM) 履歴データを保存します。EFM Exporter for KEPServerEX は、EFM Suite にバンドルされる EFM ドライバーと連動して、フロー コンピュータや RTU からの EFM データの取得と、FLOWCAL や PGAS などの業界共通フォーマットおよび CSV や SQL などのカスタマイズ可能なフォーマットへのエクスポートをスケジュール設定します。

EFM Exporter

リソース

パフォーマンス

EFM Exporter は EFM ドライバーから EFM データを収集し、フロー解析ソフトウェアへのアップロード用に定義済みの EFM パラメータに属性をマップします。このソリューションでは、気体と液体の両方の EFM データを扱うことができ、両方の用途での操作性は同じです。

気体と液体の両方の EFM でサポートされる機能

  • EFM デバイスのシミュレーション データを生成するための無料の EFM Simulator ドライバー
  • EFM データの自動ポーリングをスケジュール設定し、特定のポーリング時間を指定 (毎時 15 分、1 時間ごとなど)
  • タグへの書き込みにより、オンデマンドでポーリングをトリガ
  • アラームとイベントに加えて、1 日ごとおよび 1 時間ごとの履歴データを収集
  • チャネル、デバイス、メーター、メーター ID について、エクスポートされるファイルの名前と場所をネットワーク パスとワイルド カードを使用して制御
  • 契約時間によるファイルの整理のサポートを含め、エクスポートされたデータを記録時間ごとに整理
  • 1 つのメーターのデータを複数のサポート対象エクスポート フォーマットにマッピング
  • 構成を CSV にインポート / エクスポートし、Excel でプロジェクトを設定
  • EFM データをカスタム CSV ファイルにエクスポート
  • ODBC を使用して EFM データを SQL データベースにエクスポート

気体 EFM に固有の機能

  • FLOWCAL CFX ファイル (V5 フォーマット)、履歴タイプ 1 ~ 4 をサポート
  • FLOWCAL トランザクション キュー、履歴タイプ 1 ~ 4 をサポート
  • PGAS V8 へのエクスポートをサポート
  • ABB Totalflow、Enron Modbus、Fisher ROC および ROC Plus、OMNI Flow Computer のドライバーをサポート

液体 EFM に固有の機能

  • FLOWCAL CFX (V7 フォーマット)、履歴タイプ 11 ~ 13 をサポート
  • ABB Totalflow、Fisher ROC Plus、OMNI Flow Computer のドライバーをサポート

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • 毎時間の PGAS エクスポートが示す間隔が 1 時間より大きくなる問題を修正しました。
  • AGA7 出力についてメーター タイプが常に「タービン」に設定されていた問題を修正しました。
  • PGAS エクスポートで立ち下がり時間が一定の時間境界 (分 = 0) にある場合に立ち上がり時間が正しく計算されなかった問題を修正しました。
  • 毎日のレコードに PGAS エクスポートの立ち上がり / 立ち下がり時間のフラグが適用されていなかった問題を修正しました。

6.4.321.0

2017/12/13

  • c_prime 属性の値がない場合に、flowing_condition_factor を c_prime column にエクスポートするように PGAS エクスポータを変更しました。

6.2.429.0

2017/06/08

  • PGAS エクスポート データに「Pressure Base」列を追加しました。

6.1.655.0

2018/06/11

  • c_prime 属性の値がない場合に、flowing_condition_factor を c_prime 列にエクスポートするように PGAS エクスポータを変更しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • 関連デバイスがもうプロジェクトに存在しない場合、メーターを追加できなくなりました。
  • 生の平均比重および平均発熱量データ (利用可能な場合) を提供できるよう、PGAS エクスポータに変更を加えました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 必要に応じて 6 桁の精度を示すように PGAS および CSV の EFM 出力が修正されました。
  • PGAS エクスポータで hourly_record_span 構成属性が無視され、すべてのデバイスが立上がり時間があるものとして処理されていた問題が修正されました。EFM Exporter で、属性がチェックされ、開始 / 終了時刻が計算されるようになりました。
  • 発熱量の値タイプによって、BTU 値がエクスポートされる列が決まるようになりました。

5.21.235.0

2018/06/11

  • (立ち上がり時間または立ち下がり時間を指定するようにデバイスが設定されているかどうかに応じて) レコードに対して計算される開始 / 終了時間が 1 時間を越えることがないように、PGAS エクスポータを修正しました。
  • 利用可能な場合にライブの比重とエネルギー値の履歴データを供給するように、PGAS エクスポータを修正しました。
  • 必要に応じて 7 桁の精度を示すように PGAS および CSV の EFM 出力を修正しました。
  • PGAS エクスポータで hourly_record_span 構成属性が無視され、すべてのデバイスが立上がり時間が指定されたものとして処理されていた問題を修正しました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Prefixed the default table names with the exporter type (gas / liquid) to prevent users from accidentally overwriting data when using both gas and liquid exporters of the same type without changing the default table names. Users can use the defaults or custom names.
  • Added support for exporting Liquid EFM data to CSV files.
  • Added support for exporting Liquid EFM data to ODBC-compliant databases

5.19.467.0

2015/10/20

  • Added support for wildcards for channel, device, meter, and meter ID that can be used to define the file path and file name of EFM export data.
  • Created a new EFM Event attribute called "event_desc_with_values" to contain the string description as well as the “old_value” and “new_value” information.
    Note: The previous "new_value" attribute is now mapped as "event_desc_with_values" attribute.

5.18.662.0

2015/06/23

  • Corrected an issue where incorrect values were written to the FLOWCAL V5 and V7 file's termination record when there were no events, alarms, or batch reports in the upload.
  • Added support for demand polling a single meter via the meter "_Poll" system tag and supporting diagnostic System tags. Added meter-level System tags for "_Polling" and "_ErrorOnLastPoll".
  • Fixed issues when deleting an actively polling poll group.
  • Fixed an issue where the enable/disable meter options were not working properly after disabling a meter.
  • Enhanced the plug-in to gather historical data from gas chromatograph devices.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Added support for FLOWCAL Transaction Queue. The EFM Exporter can now push gas data directly to FLOWCAL's Oracle database.
  • Removed the password field from CSV import/export for the Database Exporter. CSV files exported from previous versions still import correctly, but the password is ignored. Existing exporters that are updated by CSV import retain the original password and new exporters created by the import have a blank password.
  • Replaced the "Toggle On/Off" traffic light button with "Enable" and "Disable" buttons.
  • Fixed an issue where the context menu could appear in the wrong location if the configuration window was condensed.
  • Fixed an issue where modifying the CSV Exporter mappings and deleting the CSV file could result in improper output.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Fixed an issue in the "File Path" buttons that prevented the root path from being opened when |SystemX| wildcards were used in the path.
  • Fixed an issue where edits applied to a Poll Group that was in the process of polling were discarded.
  • Fixed an issue in V7 CFX files where the start/end times defined in the file were incorrect if the file didn't contain hourly or daily data. The times now represent the span of time between all poll results, including alarms, events, history, and batch.
  • Removed a false error message that could occur when device communications were lost or the EFM meter had no new data. The error message was "Warning EFM Exporter Unable to read EFM data from temporary file."
 

5.14.491.0

2014/02/18

  • Added support for exporting Liquid EFM Data to Flow-Cal V7 CFX files. Liquid support works with the OMNI, ROC+, and EFM Simulator drivers only.
  • Fixed an issue where EFM data could be lost if the configuration upload failed.
  • Fixed a bug in the CFX V5 configuration serialization. The previous implementation picked the wrong K factor unit depending on whether the unit attribute was set to metric or English.
  • The EFM Exporter now posts warnings when changing the CFX V7 or V5 history interval if there is un-exported data on disk. This data will not be exported unless the change is reverted.
  • Added an Open Export Path button to the Flow-Cal, CSV, and PGAS exporters. This button will open the export directory path in a file explorer window.
  • Corrected the tab order in the following EFM Exporter dialogs: CSV Config, Event, Alarm, and History; EFM Meters; and Flow-Cal Exporter.
  • Fixed an issue where EFM uploads would fail to complete if the block size of a device being polled was changed during the upload.
  • Added support for a Liquid EFM model to simulate liquid data. The driver now supports Gas EFM and Liquid EFM models.
  • The EFM Simulator now specifies a contract hour and contract day of 0 instead of random values.

5.13.191.0

2013/10/15

  • Enhanced the EFM Exporter to support exporting to ODBC data sources. Users can now choose the Data Source Name as well as the destination tables for Configuration, Alarms, Events, Daily, and Hourly History data. The UI also allows users to easily define mappings between EFM attributes and table fields.
  • Fixed an issue where CSV import incorrectly allowed invalid characters (such as a leading underscore) in the exporter's Name field.
  • Fixed an issue where changes to the exporter's Name field did not take effect until the Runtime was reinitialized.
  • Added name validation to the XML schema for all exporters and the Poll Group.
  • Fixed the failure to import the Poll Group's CSV file.
  • Fixed the N-C4 and ISO-C4 name strings.
  • Fixed the Alarm State's description string.
  • Fixed the Daily History property page's help link.
  • Resolved an issue where changing the polling from OnDemand to Scheduled (or vice versa) would not take effect until the Runtime was reinitialized.
  • Resolved an issue where changing the polling from OnDemand to Scheduled on-the-fly after the first scheduled poll had already completed would result in an immediate poll. The Event Log message from the immediate poll would show a next poll start time that was earlier than the time that the immediate poll was started.
  • Resolved an issue where disabled exporters would be re-enabled after the poll method was changed and the Server Configuration was closed and reopened.
 

5.12.140.0

2013/06/18

  • Fixed a defect that would have prevented users from changing the name of a new CSV Exporter.
 

5.11.250.0

2013/03/05

Initial release of new simulation driver included with the EFM Exporter plug-in. This driver gives users an easy way to evaluate or demonstrate the EFM Exporter when they do not have connection access to a physical EFM device. The driver exists as a sub-feature of the EFM Exporter and must be selected for installation.

5.9.170

2012/06/26

  • This new server plug-in allows the export of Electronic Flow Measurement (EFM) data from EFM-enabled drivers. At this time, support is for EFM export to Flow-Cal format (CFX) Versions 5, Report Types 1 through 4.
 

サポートされる EFM 流量測定ソフトウェア ソリューション

  • FLOWCAL (気体については CFX V5 フォーマット、液体については CFX V7 フォーマット)
  • Quorum PGAS v8
  • .CSV
  • SQL データベース (ODBC)

注目のスイート


アドバンスト プラグインとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

アドバンスト プラグインは、KEPServerEX 接続プラットフォームの機能を拡張します。高度なサーバー機能を提供し、デバイス レジスタの生データ以上のものにデータを変換することで、その有用性を高めます。

アドバンスト プラグインのライセンスは、個別に、またはスイートの一部として取得することも、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することもできます。

ご購入に関する情報

EFM Exporter

この製品は、次のスイートでご購入いただけます: