読み込み中...

Media Level Redundancy

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください

リソース

リリース ノート

6.0.2107.0

2016/11/15

  • PC によっては、プライマリ パスが失敗してセカンダリ パスに切り替えたときに CPU の使用率が急上昇する場合がある問題が修正されました。

5.21.112.0

2016/08/16

  • Fixed an issue where dynamic tags with a data type override would revert to the default data type when failing over to the secondary device.
  • Fixed an issue where the Runtime could crash while executing very high frequency writes with Media Level Redundancy enabled.

5.18.662.0

2015/06/23

  • Added support for a new Switch On Trigger Mode, where the switchover from the primary to the secondary can be based on a tag value, quality, or time of inactivity.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Added support for 64-bit data types, including QWord, LLong, and arrays of these two types. These types can be used in redundant items and as the monitor item.

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

各機能は、KEPServerEX の統合型ソフトウェア コンポーネントであり、追加の中核的サーバー機能を提供します。機能は KEPServerEX ライセンスの購入によって利用可能になり、いつでも導入できます。

ご購入に関する情報

Media Level Redundancy

この製品はご購入いただけません


© PTC Inc. All Rights Reserved.