読み込み中...

Scheduler

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

Scheduler for KEPServerEX により、データ リクエストのスケジュール設定をクライアントからサーバーに移動し、帯域幅が限られたネットワークでのクライアントの通信を最適化します。複数のデバイスからの特定のタグについて、ポーリングのスケジュールを時刻または頻度で定義することができます。また、アドバンスト プラグインにより、ポーリングが不要な期間について例外を定義することもできます。個々のスケジュールには、競合が発生したときにどのスケジュールを最初に実行するかを決める独自の優先順位を指定できます。サーバーは、データが利用可能になったときに、そのデータでクライアントを更新します。

Scheduler

リソース

パフォーマンス

  • 一元的なソースからネットワーク全体に及ぶデータ通信をいつ実行するかをスケジュールすることで、利用可能な帯域幅を最適化する
  • "不適切" なクライアントが高いスキャン レートでネットワーク帯域幅をハイジャックするのを防ぐ
  • HMI やヒストリアンなどのローカルおよびリモートのアプリケーションが、システム タグを通じてネットワーク使用率を把握できるようにする
  • 特定の間隔、および 1 日、1 週、1 カ月のうちの特定の期間にデバイスをポーリングする複数のスケジュールを設定する
  • 任意のデバイスからタグをスケジュール設定する
  • スケジュール間の相対的な優先順位を設定する
  • ウィザードまたは CSV インポート / エクスポート ツールを使用してスケジュールの設定を効率化する
  • KEPServerEX 用の Kepware アドバンスト プラグインで機能する

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

6.9.572.0

2020/06/02

  • Fixed an issue where some Datetime system tags were reported in local time instead of UTC on some virtual machines.

6.7.1046.0

2019/06/18

  • Resolved an issue where the Scheduler could stop working after a configuration change to a Schedule. This problem was more common when the project was complex and contained a large number of Schedules. 

6.5.829.0

2018/06/19

  • 一部のシナリオで「スキャンしない」が無視されていた問題を解決しました。
  • 日付を表示するシステム タグでは UTC フォーマットを使用するようになりました。
  • 既存のスケジュールに追加するとデバイスがポーリングされなくなるバグを修正しました。

6.2.506.0

2018/06/11

  • UTC 時刻が表示されるように日付型のシステム タグを修正しました。

6.2.429.0

2017/06/08

  • スケジュールに大量の新規アイテムを追加する際のパフォーマンスを改善しました。
  • リアルタイム プロパティ グループからオブジェクトを削除した後で JSON プロジェクトを読み込む際の問題を修正しました。

6.0.2206.0

2018/06/11

  • アイテムの追加時および PendingReads システム タグの更新時のパフォーマンスが向上しました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 見やすさと編集しやすさを改善するために、Scheduler アドバンス プラグインが統合ツリー ビューに表示されるようになりました。
  • Scheduler の構成の追加、読み込み、更新、削除を、構成 API サービスで行えるようになりました。

5.18.662.0

2015/06/23

  • Added support for tags referenced via the Alias Map.
  • Writes to the "_Poll" tag that do not result in a demand poll now correctly fail if the schedule is disabled or already polling.
  • Added support for adding and editing a single tag for a device.
  • Fixed an issue where reading static tags with a Default data type resulted in an initial bad-quality read.
  • Added support for prioritization of reads across virtual networks by setting the channel-level Network mode to Priority mode.
  • If a client reads a scheduled tag before the schedule has requested the data from the device, the Scheduler returns an initialized time set to the current system time.
  • Fixed potential instability issues when deleting schedules actively polling.
  • If a tag referenced by a schedule is deleted, the bad quality is reported for the tag.
  • Added support for 64-bit integers.
  • Added a Daylight Saving Time Transition Behavior setting so schedules can respect the schedule interval or respect the absolute time.
  • Added support for specifying the data type for Dynamic tags using the @type syntax.
  • Disabling a schedule now disables references to tags in the schedule. This allows edits to devices and servers without deleting the schedule.
  • Schedules that contain channels with unscheduled devices are indicated with a warning to indicate there is a mix of scheduled and unscheduled devices in a channel.
  • Devices added to a schedule are automatically placed in "Do Not Scan, Demand Poll Only" mode when a tag from the device is added to a schedule. The device reverts to the previous scan mode when all its tags are removed from the schedule.
  • Added a "_SecondsInOverride" System tag to show how long a device has been in Override mode.
  • Changing a schedule's priority posts an Event Log message.
  • Added device icons to show when a device is in override, disabled, etc.
  • Added validation to CSV import to handle invalid files more gracefully.
  • Added support for a channel level statistics tag "_NextReadPriority" to show the priority of the next read. This improves troubleshooting when using priority-based Virtual Networks for drivers that support Communication Serialization.
  • Fixed instability in the configuration when double-clicking an empty Detail View.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Added the new Scheduler Plug-In, which decouples the client scan rate from the rate at which devices are polled. The server can poll for data once a day, every five minutes, and so forth. Clients get updates from the server cache.