読み込み中...

Allen-Bradley Data Highway Plus

Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 Allen-Bradley Data Highway Plus ドライバーは、Allen-Bradley SLC 500 ファミリーおよび PLC5 シリーズ PLC をサポートします。アドレス範囲は、これらのデバイス シリーズの将来のモデルをサポートできるようにオープンになっています。

このドライバーには、Rockwell Automation RSLinx ライセンスは不要です。

リソース

パフォーマンス

  • Data Highway 485 と DH+ の 2 つのネットワーク タイプをサポート
  • Allen-Bradley の KT、KTX (D)、PKTX (D)、PCMK/B、および SST の 5136-SD-ISA、5136-SD-PCI の 6 つの異なる基盤タイプをサポート
  • PCI カード割り込みをサポート
  • オープンなアドレス範囲

プロトコル

  • DH485 / DH+ (Data Highway and Data Highway Plus)

サポート対象デバイス

  • PLC 5/10
  • PLC 5/15
  • PLC 5/20
  • PLC 5/20E
  • PLC 5/25
  • PLC 5/30
  • PLC 5/40
  • PLC 5/40E
  • PLC 5/60
  • PLC 5/80
  • PLC 5/80E
  • SLC 5/01
  • SLC 5/02
  • SLC 5/03
  • SLC 5/04

ご利用いただける言語

  • Simplified Chinese
  • ドイツ語
  • 英語
  • 日本語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • ODBC (Open Database Connectivity)
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Clients
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.10.623.0

2021/02/23

  • Deprecated the driver, which contained library dependencies linked to operating systems deprecated by Microsoft. Existing OPF project files load, but the channels present an error in the event log. Existing JSON project files fail to load with an error message.

6.2.460.0

2017/07/06

  • 中国語のサポートが追加されました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • ドイツ語のサポートが追加されました。
  • 日本語のサポートが追加されました。

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。