読み込み中...

BACnet/IP

ライセンス最低価格: $680.00
Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 BACnet/IP ドライバーは、ビル オートメーション デバイスとの接続、監視、制御を行うためのインタフェースを提供し、ビル管理やエネルギー管理システムからエンタープライズ IT ネットワークまで、多くのソフトウェア アプリケーションにリアルタイムのデータを提供します。イーサネット上で BACnet プロトコル (BACnet/IP または Annex J とも呼ばれる) を使用して装置への接続を提供します。その他の BACnet ネットワーク タイプ上のデバイスには、BACnet ゲートウェイ デバイスを使用してアクセスできます。

BACnet/IP ドライバー図

リソース

パフォーマンス

  • BACnet のデータを OPC に準拠した HMI/SCADA アプリケーションに統合
  • オートメーション、HMI/SCADA、ERP、ビッグ データ、資産管理、解析の主要なパッケージから、OPC、独自プロトコル、IT プロトコル (MQTT、REST、ODBC、SNMP を含む) を介して BACnet データにアクセス可能
  • デバイスの自動検出をサポート
  • 書き込みリクエストの優先順位を決定するコマンド優先順位をサポート
  • メッセージの分割に影響する Application Protocol Data Unit (APDU) をサポート
  • デバイス調査を通じた自動タグ生成を含む
  • ほとんどの必須プロパティを含む、以下の標準オブジェクトをサポート: Accumulator、Analog Input、Analog Output、Analog Value、Averaging、Binary Input、Binary Output、Binary Value、Calendar、Command、Device、Event Enrollment、File、Group、Life Safety Point、Life Safety Zone、Loop、Multi-State Input、Multi-State Output、Multi-State Value、Notification Class、Program、Schedule、Trend Log
  • 複数のイベント状態に関する固有の通知とアルゴリズムに基づく通知の両方について、以下を含む確認済みおよび未確認のイベント通知をサポート: Change of Value、Change of State、Out of Range、Unsigned Range、Command Failure

プロトコル

  • BACnet/IP (Annex J)

ご利用いただける言語

  • Simplified Chinese
  • ドイツ語
  • 英語
  • 日本語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Clients
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.6.348.0

2018/11/14

  • Resolved an issue where the driver, when set to communicate through a remote BBMD, could fail to send a request to the BBMD to register as a foreign device.

6.5.829.0

2018/06/19

  • サーバー ランタイムのクラッシュの原因となる問題を修正しました。

6.4.405.0

2018/06/11

  • サーバーが不安定になる問題を修正しました。

6.2.460.0

2017/07/06

  • 中国語のサポートが追加されました。

6.2.429.0

2017/06/08

  • デバイスからの DNR 応答後に COV モードがポーリングに変更される問題を修正しました。この問題により、複数の ReadPropertyMultiple リクエストが発行されていましたが、SubscribeCOV リクエストはまったく発行されていませんでした。ドライバーが、接続が中断される前に COV を使用していたオブジェクトの SubscribeCOV リクエストを送信するようになりました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 「デバイスの検出」に、製品ツリー ビューの BACnet チャネルの右クリック オプションからアクセスできるようになりました。
  • 「ネットワーク設定」、「外部デバイス」、「アドバンス設定」が新しい「プロトコル設定」グループに統合されました。
  • 「Allow COV Notifications with Empty NPDU」プロパティが「COV 通知」プロパティに変更されて、「NPDU が必要」と「空の NPDU を許可」というオプションが提供されました。
  • 「APDU」、「コマンド」、「COV 設定」が「プロトコル設定」グループに統合されました。
  • 「COV Resubscription Interval (HH:MM:SS)」が「再講読間隔 (秒)」に変更されました。
  • BACnet デバイスの検出の最大タイムアウトが 30 秒から 300 秒に増加しました。
  • ドイツ語のサポートが追加されました。
  • 日本語のサポートが追加されました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Fixed an issue where the driver could incorrectly report bad quality for tags in response to a device's BACnet-ComplexACK to the driver's ReadPropertyMultiple request.
  • Fixed an issue introduced in the 5.18 release, where channel-level Device Discovery did not discover all the devices on a network.
  • Resolved an issue were the driver incorrectly triggered the error state if it received a single error to a ReadPropertyMultiple request. The error state should only be set if the device is not responding.
  • Enhanced the driver to support the Accumulator object.
  • Added support for individually assigning a BACnet command priority to tags from a connected BACnet device. Previous versions allowed only one command priority to be used for all tags from a BACnet device.
  • Added support for Confirmed and Unconfirmed Event Notifications for several Event States; including Changes of Value, Changes of State, Out of Range, and Unsigned Range.
  • Added support for IBM/Microsoft DBCS character set.
  • Included a Protocol Implementation Conformance Statement (PICS), documenting current BACnet supported properties and services.
  • Assigned BACnet Vendor Identification Number 873, used in network WhoAmI communications.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Fixed an issue where automatic tag generation failed if the device did not support segmentation. This issue was introduced in KEPServerEX version 5.15.
  • Enhanced the driver to support manual configuration of the BACnet MAC address. This allows the driver to communicate through a gateway to other BACnet network types.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Added support for Weekly, Exception, and Calendar Objects. These objects are represented as custom formatted strings that can be read and written. For details and VB code samples, refer to the BACnet/IP Driver help file.
  • Fixed an issue that allowed array element tags to use a zero index. This is no longer allowed.
  • Increased the maximum device limit from 100 to 128.
  • Fixed a typo in the Event Log message for a failed COV subscription.
  • Fixed a UI issue where the Import File field was not disabled when the Import Method parameter was set to Device.
  • Fixed an issue where the driver could improperly convert integer values to floats when reading and writing.
  • Added support for BACnet Broadcast Management Devices (BBMD) to Device Discovery at the channel level.
  • Fixed an issue where communications would fail after initial Automatic Tag Generation with a BBMD.
  • Added support for a new discovery scope to send a Who-is/I-am to a specified IP address.

5.13.191.0

2013/10/15

  • Updated to allow the PresentValue Property Tag of the Schedule Object to be set to Read/Write.

5.5.94.0

2011/02/18

  • Fixed an issue where tags have bad quality if the response to a ReadPropertyMultiple command has multiple properties listed under a single object identifier.
  • Added support for discovering devices on a BACnet network.

5.4.131.0

2010/10/28

  • Added support for ISO 10646 (UCS-2) and ISO 8859-1 (Latin1) character sets.
  • Added a number of object properties to meet the 2008+ BACnet specification, in addition to support for simple array properties (arrays of primitive BACnet data types).
  • Increased the maximum number of channels from 32 to 128.
  • Added enumerated values and corresponding strings to support approximately forty new BACnet Error codes.
  • Added a new error class.
  • Fixed an issue wherein tags with a default client access of Read Only could not be set to Read/Write, even if Write access was allowed.
  • Addendum "Add-2004-135m" specifies a small change to the way segment ACK timeouts function. Before the change, Addendum timing started at the beginning of the Request window (during which one or more segments were sent). In some cases, this caused unnecessary timeouts for larger window sizes.
  • Now, the timer starts after the first segment is sent, after all the segments in the window (1 or more) are sent, or after the last segment is sent to the device.
  • Modified BACnetNetworkLayer to be able to route COV notifications from a device on a different BACnet network where NPDUs do not contain the source address. Although the behavior does not appear to meet the BACnet spec, this precedent has been set by the support of other vendors. A channel property was added to enable/disable this setting. It is disabled by default (since it could degrade performance if the BACnet network has a large volume of broadcast messages).
  • Modified the driver so that duplicate Device IDs are not allowed on a channel.
  • Increased the COV re-subscription interval maximum value from 1 hour to 24 hours.
  • Added an option for ALC devices to use a Subscriber Process Identifier (SPID) of 0. ALC devices consider all subscriptions with an SPID of 0 to be 1 subscription.
  • Added an option to wait for the device to acknowledge COV cancellations. This prevents the Runtime from shutting down until all COV subscriptions have been cancelled.

5.3.118.0

2010/06/09

  • Fixed issue where the driver did not ask for one of the object names listed in the device when requesting Auto Tag Generation one item at a time. This name is used when "Use Object Name for Tag Group Names" is selected under the "Tag Import" tab under "Device Properties".

5.2.133.0

2010/02/18

  • Modified driver to not repeatedly request the "Segmentation Supported" property from a device if the device returns an error to that request.
  • Fixed ATDBG when the device responds with an error to the Read Property: ALL command.
  • Corrected a problem with parsing a NotificationClass Object. This was causing ATDBG to fail with an internal test device, and generating default tags.
  • Resolved issue with permanent COV subscriptions.
  • Enhanced COV Subscription Request handling to improve performance

5.0.1176.0

2009/07/22

  • Fixed channel wizard issue that prevented user from moving to next page, incorrectly indicating that another channel was configured with same NIC and port.
  • Fixed an issue with processing "read property multiple" responses from certain brands of hardware, which resulted in toggling quality of all items associated with an object and repeated "device not responding" errors.

サポート対象プロトコルの詳細

BACnet 公式仕様「ANSI/ASHRAE Standard 135-2001 BACnet A Data Communication Protocol for Building Automation and Control Networks」に、BACnet プロトコルのあらゆる面についての説明があります。Kepware の BACnet/IP デバイス ドライバーを使用する際は、Clause 12 で説明されている標準の BACnet オブジェクトとプロパティ、および Annex J で概説されている BACnet/IP の詳細を習熟することを推奨します。この仕様は、ほかの数多くの有用な資料とともに、米国暖房冷凍空調学会 (ASHRAE) または BACnet の公式 Web サイト(www.bacnet.org) から入手できます。

プロトコル実装適合声明書 (PICS) は、BACnet/IP 製品マニュアル内にあります。

注目のスイート


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

BACnet/IP

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$680.00/年

インタビュー: グレン・マルキスが BACnet/IP ドライバーの機能強化について説明

Kepware の電力、公共設備、エネルギー管理担当マネジャー、グレン・マルキス (Glen Marquis) に対するこのインタビューでは、KEPServerEX バージョン 5.20 のリリースに含まれる BACnet/IP ドライバーの機能強化について説明しています。

詳細はこちら