読み込み中...

CODESYS Ethernet

ライセンス最低価格: $452.00
Download Free Demo

製品の概要

CODESYS Ethernet ドライバーは KEPServerEX と連携して、CODESYS を利用する処理に接続します。CODESYS は、オートメーション業界の多数の PLC ブランドで利用されている PLC ランタイムおよび開発環境です。

CODESYS Ethernet ドライバーは特に、医薬品、食品飲料、パッケージングの各業界で有用です。こうした業界では、トレーサビリティ、モニタリングおよび制御、プラント全体の自動化などの多数の用途で、工場全体のコントローラからデータを取集する必要があります。

CODESYS Ethernet ドライバーにより、KEPServerEX は CODESYS V2.3 および V3 を実行するデバイスにシームレスに接続し、リアルタイムの産業データへの信頼性の高い安全なアクセスを提供できます。

リソース

パフォーマンス

  • CODESYS V2.3 および V3 互換デバイスにリアルタイムのデータ アクセスを提供 (読み取り / 書き込み接続)
  • CODESYS ゲートウェイをサポート
  • デバイスおよびプロジェクト ファイルから直接の自動タグ生成をサポート
  • インポートする特定のタグをブラウズ、フィルタリング、選択するためのタグ ブラウザをサポート
  • シンボリック アドレス指定をサポート
  • 配列と文字列をサポート
  • バイト内ビットをサポート
  • デバイス診断をサポート - CODESYS API とのシームレスな統合に基づき、接続に関するあらゆる問題の診断が可能に
  • メディア レベルの冗長化をサポート

プロトコル

  • CODESYS V2.3 Ethernet over ARTI
  • CODESYS V2.3 via Gateway
  • CODESYS V3 over ARTI
  • CODESYS V3 over Gateway

ご利用いただける言語

  • ドイツ語
  • 英語

ドキュメント

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • Added a configurable Request Timeout to allow connection to V2.3 devices with slow response times.

6.4.321.0

2017/12/13

  • すべての機能を備えたタグ ブラウザを利用できるようになりました。これによりユーザーは、手作業で作成しなくても、サーバー プロジェクトにタグを追加できるようになりました。このブラウザは、「構成」インタフェースと「構成 API サービス」で利用できます。

6.2.429.0

2017/06/08

  • V3 デバイスへの接続がサポートされるようになりました。
  • V2.3 デバイスでのオフライン自動タグ生成がサポートされるようになりました。
  • V3 デバイスを対象とした「デバイスの検出」がサポートされるようになりました。
  • CODESYS ゲートウェイがサポートされるようになりました。
  • ビット パッキング / バイト内ビットがサポートされるようになりました。
  • 「ネットワーク アダプタ」プロパティへのアクセスを廃止しました。このプロパティは、CODESYS API からは選択できません。
  • 次の V3 固有のデータ型をサポートするようになりました: Union、BIT、LINT、ULINT、LWORD、LTIME、WSTRING。
  • IP アドレスに加えてホスト名を受け入れるように V2.3 デバイスを更新しました。
  • シンボル ファイルの場所を構成できるように V2.3 デバイスを更新しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • CODESYS ラン タイムをサポートするドライバーを導入しました。リリース時点で、このドライバーは以下の機能をサポートしています。
    • V2.3 互換デバイスへの接続
    • 配列を含む、CODESYS V2.3 データ型へのリアルタイム アクセス
    • オンラインの自動タグ生成
    • デバイス診断
    • メディア レベルの冗長化

その他の技術情報

  • CODESYS V2.3 の CODESYS シンボル ファイルの場所を設定する機能を提供
  • CODESYS V3 のデバイス検出をサポート
  • CODESYS V3 のデバイス パスワードをサポート
  • 次の CODESYS V3 データ型をサポート: Union、BIT、LINT、ULINT、LWORD、LTIME、WSTRING

注目のスイート


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

CODESYS Ethernet

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$452.00/年