読み込み中...

Contrex M-Series

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 Contrex M-Series ドライバーは、Contrex M Series 全ラインのモーション コントローラと、OPC クライアント アプリケーション (HMI、SCADA、ヒストリアン、MES、ERP、数々のカスタム アプリケーションなど) の間のデータ交換を行います。

リソース

パフォーマンス

  • イーサネット カプセル化をサポート
  • RS-485 または RS-422 を使用したマルチドロップ
  • サポートされるメモリ タイプ: MV、CP、CC0
  • モデム サポート
    • 自動ダイヤル構成
    • 複数の電話番号の管理

プロトコル

  • M-Series Data-Link Protocol(4-byte/8-byte)

サポート対象デバイス

  • M-Cut - utilize the 8-byte protocol
  • M-Drive - utilize the 8-byte protocol
  • ML-Drive - utilize the 8-byte protocol
  • ML-Trim - utilize the 8-byte protocol
  • M-Rotary - utilize the 8-byte protocol
  • M-Shuttle - utilize the 8-byte protocol
  • M-Track - utilize the 8-byte protocol
  • M-Traverse - utilize the 8-byte protocol
  • M-Trim - utilize the 8-byte protocol

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Clients
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

Contrex M-Series

この製品は、次のスイートでご購入いただけます: