読み込み中...

Fisher ROC Serial

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

Fisher ROC Serial デバイス ドライバーは、KEPServerEX と連動して OPC/DDE クライアントと遠隔操作制御装置 (ROC) プロトコル デバイスの間のデータ交換を行います。 

リソース

パフォーマンス

  • イーサネット カプセル化をサポート
  • 通信機能を直ちに展開するために RTU ファイルまたは構成ファイルからの直接的な自動タグ生成をサポート
  • オペレータの識別
  • EFM ポーリング、ユーザー指定の間隔、または時刻での時刻の同期化
  • モデム サポート
    • 自動ダイヤル構成
    • 複数の電話番号の管理
  • ユーザー プログラム データ (ユーザー定義点) の読み取り、書き込み、自動タグ生成
  • ユーザー テーブルに対する読み取りと書き込みを可能にするオペコード 10/11 をサポート
  • 単一点読み取りを可能にするオペコード 167 をサポート
  • 単一リクエストでの複数点読み取りを可能にするオペコード 180 をサポート
  • 詳細統計タグ (_CommFailures、_ErrorResponses など) をサポート
  • VCone のメーター タイプおよび計算方法をサポート
  • 過酷な条件 (ノイズの多い通信チャネルや低帯域幅) 向けに最適化

プロトコル

  • ROC

サポート対象デバイス

  • FloBoss 100 Series
  • FloBoss 407
  • FloBoss 500 Series
  • RegFlo
  • ROC 300 Series - FlashPAC
  • ROC 300 Series - ROCPAC

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • Point Type 48 のパラメータ 35 ~ 38 のサポートを追加しました。
  • VCone メーター タイプと計算方法のサポートを追加しました。>

6.4.321.0

2017/12/13

  • Point Type 7 および Point Type 10 の自動タグ生成により Logical Point 0 のタグが生成されてしまう問題を修正しました。
  • 再送されたパケットが再処理されないように、データ長、開始ログ ポインタ、履歴ポイント番号の検証を追加しました。
  • K Factor 値が Nominal K Factor ではなく Cutoff としてエクスポートされる問題を修正しました。
  • Point Type 177 のアドレス テーブルのパラメータ #0(Device Tag) のパラメータ サイズを 10 バイトから 40 バイトに更新しました。

6.3.273.0

2017/09/27

  • 時刻の同期化の新しいオプションを追加しました。
    • デバイスの時刻とシステムの時刻の差が特定のしきい値を超えた場合のみ、時刻の同期化が許可されます。
    • EFM ポーリングに基づいて時刻を同期化します。

6.2.506.0

2018/06/11

  • PT 48 のアドレス パーサーにパラメータ 35 ~ 38 を追加しました。
  • PointType 10 および 7 のすべての論理ユニットについて自動タグ生成のサポートを追加しました。

6.1.655.0

2018/06/11

  • 最新の要求に応答を正確に一致させるために、CEFMEventSM::_HandleReadEventsResponse および CEFMEventSM::_HandleReadEventsResponse に検証を追加しました。
  • 誤ったパケットの処理を避けるために、CEFMHistorySM::_HandleReadHistoryResponse に検証を追加しました。
  • メーター タイプに応じて異なるマッピングを処理するために CEFMConfigMappingEntry::SetAttributeMapping() を導入しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • データ コレクションが無効になっている場合の時刻の同期化が無効になりました。

6.0.2206.0

2018/06/11

  • 最新の要求に応答を正確に一致させるために、CEFMHistorySM::_HandleReadHistoryResponse、CEFMEventSM::_HandleReadEventsResponse、CEFMEventSM::_HandleReadPointerResponse に検証を追加しました。
  • Point Type 177 のパラメータ #0 のパラメータ サイズを 10 バイトから 40 バイトに変更しました。
  • デバイスが無効になっている場合に時刻の同期化のメッセージを無効としました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 見やすさと編集しやすさを改善するために、製品ツリー ビューにメーターが表示されるようになりました。
  • avg_c8、avg_c9、avg_c10 の EFM データが CSV にエクスポートされなかった問題が修正されました。
  • n-ペンタンおよびネオペンタンのための EFM データの列マッピングが修正されました。

5.21.235.0

2018/06/11

  • Roc+ の H2、HE、CO、AR の欠けていたガス属性マッピングを追加しました。
  • c8、c9、c10 属性のサポートを追加しました。
  • nPentane が正しくマッピングされない問題を修正しました。
  • Point Type 141 の属性 56 ~ 112 のサポートを追加しました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Resolved a Time Sync issue where, if no reads are active; only the first four (4) devices successfully synchronize.
  • Enhanced the driver to allow UDP tags to use the correct data type set (not default). This allows the data type of these tags to be manually modified.
  • Fixed an issue where “Bad” quality was reported for historical data when new records were not available.

5.19.467.0

2015/10/20

  • Added support for Advanced Statistics Tags, including _CommFailures, _ErrorResponses, and more.
  • The driver now includes the #n syntax when auto-generating tags for similarly named point types in point type tables to avoid duplicate tag names. This may change the default name for some auto-generated tags from previous versions.
  • Changed the alarm state from OFF to On for string events.
  • Resolved an issue where attempting to read a tag from a non-responsive device could falsely cause a timeout when reading the next tag on a different device.
  • Resolved an issue where reading multiple tags in the same point type logical could result in two separate read requests rather than one.

5.18.662.0

2015/06/23

  • The driver no longer performs a time synchronization operation on startup when the Time Sync Method is Absolute.
  • Added support for reading and writing to user tables using Opcodes 10 and 11.
  • Added the ability to ignore extra bytes received on the wire that are not part of the ROC communications. These bytes are sometimes added by radio modems and other networked equipment.
  • Enhanced the drivers to support Opcode 180. Enabled per device, this allows the driver to read multiple TLP and UDPs per read request.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Spaces are no longer allowed in liquid and gas meter names.

5.15.588.0

2014/09/23

  • Removed the potential for a hang when a client accesses tags containing UDP point types.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Enhanced the driver to cache the pointer file to disk so that it will not re-poll for data already collected on start-up.
  • Added support for Point Type 98.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Fixed an issue where Default data type was always returned for UDP tags, even if the UDP data type was known by the server. This could cause writes that occurred before an initial read of the UDP tag to fail.

5.13.191.0

2013/10/15

  • Enhanced the Fisher ROC Serial Driver to support User-Defined Points. This includes support for Dynamic Tag Creation as well as Online and Offline Automatic Tag Generation.
  • Resolved an issue where, depending on the size and number of parameters in a block, the driver could request more parameters than will fit into a ROC serial response frame. An example of this is reading parameters 53 through 75 of point type 80 on a FloBoss Model 107 device, which would result in framing errors and bad quality for the entire block of parameters.
  • Increased the maximum number of supported channels to 1024.
  • Added support for FloBoss Model 107 specific parameters in point type 14. This support resolves an issue where adding or enabling parameter 37 of point type 14 would cause the entire set of point type 14 tags to go bad.
  • Added support for FloBoss Model 107 specific parameters in point type 57. This support resolves an issue where adding or enabling parameter 5 of point type 57 would cause the entire set of point type 57 tags to go bad.

5.11.250.0

2013/03/05

  • Improved the driver's EFM data collection performance and efficiency when intermittent communication errors are seen with the connection to the EFM data source. The optimizations are handled in the driver automatically and no project configuration changes are required in the driver UI.
  • Fixed an issue where the driver could incorrectly interpret the meter type returned by the device, potentially leading to missing EFM attribute data in the final EFM export.

5.10.205

2012/11/13

  • Added Electronic Flow Measurement (EFM) Support
  • Updated the driver with the new Connection Sharing feature.
  • Added a device setting to enable/disable sending a device login password.
  • When transactions fail due to an Operator ID failure, a single custom error message will now be posted per device.
  • Enhanced the driver to consume the extra bytes that may be received following a valid frame. This allows communication with ROC 300 devices, which may append an extra byte to every frame they transmit.

5.9.170

2012/06/26

Added support for the use of legacy tag names as part of Automatic Tag Generation. This enhancement was made to resolve a change introduced in the 5.8 release where tag formats created via Automatic Tag Generation were different than previous versions. This tag format issue only affects users who upgraded to version 5.8 and triggered tag regeneration.

For new installations of Fisher ROC Serial driver (server version V5.9 and up), the default setting for this checkbox is 'checked' so legacy tag names are used.

5.8.109.0

2012/02/21

Added support for Channel Serialization, Inter-Device Delay, and RTS Line Control. Updated the Operator Identification tab in Device Properties to be more consistent with ROCLINK configuration software. Consolidated Tag Import Settings under a single tab in Device Properties.

5.7.84.0

2011/10/24

  • Increased the channel limit to 256.
  • Fixed an issue caused when a controller responded with a data length greater than the data length supported by the protocol. This would cause a buffer overflow which could cause the driver to stop working. Added verification of data length returned by controller.

5.6.122.0

2011/07/25

  • Fixed an issue where the driver was sending the incorrect date (last two digits of year) when Time Synchronization is enabled for a device.
  • Increased the maximum devices per channel from 32 to 255.

EFM Suite の一部としての機能

  • 気体の電子流量測定 (EFM) をサポート
  • EFM の構成とマッピング
    • 履歴 (ガス クロマトグラフのデータを含む)
      • 毎時
      • 毎日
    • アラーム
    • イベント

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

Fisher ROC Serial

この製品は、次のスイートでご購入いただけます: