読み込み中...

IEC 61850 MMS Client

ライセンス最低価格: $742.00
Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 IEC 61850 MMS Client ドライバーは、IEC 61850 製造メッセージ仕様 (MMS) をサポートしている変電設備に接続します。IEC 61850 MMS Client ドライバーは、KEPServerEX と連動して HMI、SCADA、およびヒストリアン クライアント アプリケーションとの接続および通信機能を提供します。

リソース

パフォーマンス

  • 製造メッセージ仕様 (MMS) の読み取り / 書き込みリクエストを介した送信請求データ アクセス
  • MMS 情報レポートによる非送信請求データ
  • 次を含む自動構成のサポート:
    • SCL ファイルのインポート
    • デバイスからの直接インポート
  • レポート制御ブロック (RCB) の自動有効化 / 無効化をサポート
  • ポーリングとそのスケジュールをサポート
  • バッファリングされたレポートとポーリング データをサポート
  • オブジェクト ブロックのサポート
  • デバイスの自動格下げ
  • メディア レベルの冗長化

プロトコル

  • IEC 61850 MMS

サポート対象デバイス

  • Any IEC 61850 MMS capable device

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • Removed invalid RCB event log error message when re-establishing connection.

6.1.601.0

2017/04/04

  • 特定の条件下で起動すると、ドライバーが自動格下げされる問題を修正しました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • operTm 属性が指定されていないと、構造化された書き込みが失敗する場合がある問題が修正されました。

5.21.235.0

2018/06/11

  • Fixed an issue where structured writes failed because the driver expected to provide a value for the operTm attribute.

5.18.662.0

2015/06/23

  • The driver now supports millisecond resolution on timestamps provided from the device.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Fixed an issue where tags were not being generated correctly from SCL files when the type name is appended to the data attribute name in the SCL file (for example, "mag.f").

5.16.722.0

2014/10/21

  • Removed "SCL" from titles and labels in the UI where the terminology was confusing, and replaced it with the file types the driver can import (*.cid, *.icd, or *.scd).
  • Fixed an issue where a failure during automatic tag generation caused previously automatically-generated existing tags to be deleted.
  • The configuration now allows the automatic tag generation of tags imported from Edition 2 *.icd files.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Fixed an issue where event playback would not work on initial load because the driver was not applying the playback settings correctly.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Changed tag addressing to define polled versus unsolicited tags by the address. All tags with the generic address are now polled. Unsolicited or RCB tags now have a special : address syntax. This allows clients to know if a tag is polled or unsolicited by looking at the address. Previously, there was one generic address syntax and a setting to enable RCBs. For legacy projects, all tags will become polled tags until the address syntax is changed.
  • RCB are now enabled on first client reference to an unsolicited tag in the block, and disabled when the last client reference is removed.
  • Updated automatic tag generation from SCL files to support <RCB>:<Data> syntax and to flatten the generated tag hierarchy. There are no longer tag groups for every nested 61850 object.
  • Added a configurable Integrity Poll Rate (ms) parameter to Device Properties to report when the server loses connectivity to a device when using unsolicited tags.
  • Fixed an issue where unsolicited tags would not receive an initial update.

5.12.140.0

2013/06/18

  • The NIC card selected in Channel Properties is now respected by the driver. Prior to this fix, users could have encountered problems with device connectivity when selecting a non-default NIC card.
  • Updated the driver to disconnect and reconnect to devices when the NIC selection is changed while clients are connected to the server and requesting item updates from the device.
  • Resolved an issue that could occur when processing incoming data for multiple devices under a channel and result in communication deadlock

5.11.250.0

2013/03/05

Initial release of a new driver for applications in power distribution (substations). This Ethernet driver connects to servers supporting the Manufacturing Message Specification of IEC 61850. The following features are supported: Automatic Tag Generation from device or SCL file; data Polling; unsolicited data via Report Control Blocks (RCBs); custom Report Buffering/Playback; and Control Model write support.

注目のスイート


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

IEC 61850 MMS Client

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$1454.00/年