読み込み中...

Modbus ASCII

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

Modbus ASCII ドライバーは、KEPServerEX と連動し、Modbus ASCII 適合の PLC とその他のデバイスを OPC クライアント アプリケーション (HMI、SCADA、ヒストリアン、MES、ERP、数々のカスタム アプリケーションなど) に接続するための、簡単で信頼性の高い手段となります。

リソース

パフォーマンス

  • イーサネット カプセル化
  • Modbus ASCII マルチドロップをサポート
  • アドレス範囲を完全にサポート (0 ~ 65535)
  • ユーザーが定義可能な読み取りブロック サイズ
  • 調整可能なアドレスのベース (0 または 1)
  • 浮動小数点型と Long 型の Word オーダーの変換
  • 使用する RTU 機能: 01、02、03、04、05、06、16
  • Flow Automation フロー コンピュータを直接サポート
  • すべてのメモリ タイプとデータ型をサポート
  • モデム サポート
    • 自動ダイヤル構成
    • 複数の電話番号の管理
  • 通信シリアル化

プロトコル

  • Modbus ASCII

サポート対象デバイス

  • Any Device Supporting Modbus ASCII
  • Any Modbus ASCII Compliant PLC
  • Flow Computers

ご利用いただける言語

  • Simplified Chinese
  • ドイツ語
  • 英語
  • 日本語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.4.321.0

2017/12/13

  • ステーション ID に一致しなかったトランザクションにドライバーが誤って応答する問題を解決しました。

6.3.305.0

2018/06/11

  • Fixed an issue where Device ID was ignored so the driver would process data from a slave other than the intended one.

6.2.460.0

2017/07/06

  • 中国語のサポートが追加されました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • ドイツ語のサポートが追加されました。
  • 日本語のサポートが追加されました。

5.18.662.0

2015/06/23

  • Fixed an issue where write-only strings failed to write when "Perform block read on strings" was enabled.

5.10.205

2012/11/13

Updated the driver with the new Connection Sharing feature.

5.9.170

2012/06/26

  • Increased the character limit of the tag Description field from 64 to 255.
  • Added a new option for handling illegal address exceptions that allows users to deactivate tags when an illegal address is detected.

5.8.109.0

2012/02/21

Added support for Channel Serialization.

5.1.71.0

2009/10/21

  • Added string data type support for Internal Registers.

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。