読み込み中...

OMNI Flow Computer

ライセンス最低価格: $998.00
omni flow computer のデモのダウンロード

製品の概要

KEPServerEX 用 OMNI Flow Computer ドライバーを使用すると、OMNI 3000 および 6000 フロー コンピュータ ファミリーと通信できます。リアルタイム通信と履歴データの電子流量測定 (EFM) の両方をサポートしています。リアルタイム通信のみの場合、OMNI Flow Computer ドライバーは、個別に購入するか、または Oil and Gas Suite の一部として購入できます。EFM およびリアルタイム通信を必要とする用途では、OMNI Flow Computer ドライバーは EFM Suite の一部として購入できます。EFM 機能には、EFM 履歴、アラーム、およびイベント データのスケジューリングと、業界標準形式およびカスタム形式へのエクスポートが含まれています。

リソース

パフォーマンス

  • 最大 256 の通信チャネルをサポート
  • 通信シリアル化
  • パスワード保護で OMNI セキュリティをサポート
  • アーカイブ アクセス メソッド 1 および 2 をサポート
  • 読み取りブロック サイズをユーザーがその場ですぐに設定可能
  • ラジオ モデムの RTS フロー タイミングを調整可能
  • EFM ポーリングに基づく時刻の同期化、ユーザー指定の間隔または時間
  • クライアントのポーリングを制御するスキャン モード設定をサポート
  • デバイスの自動格下げ
  • メディア レベルの冗長化
  • 文字列をサポート
  • イーサネット カプセル化をサポート
  • モデム サポート
    • 自動ダイヤル構成
    • 複数の電話番号の管理

プロトコル

  • Omni Modbus

サポート対象デバイス

  • Omni Flow Computer 3000
  • Omni Flow Computer 6000

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.4.321.0

2017/12/13

  • "キャッシュをクリア" ロジックを改良し、適用されたときにすべてのエントリを取得できるようにしました。

6.3.273.0

2017/09/27

  • 時刻の同期化の新しいオプションを追加しました。
    • デバイスの時刻とシステムの時刻の差が特定のしきい値を超えた場合のみ、時刻の同期化が許可されます。
    • EFM ポーリングに基づいて時刻を同期化します。

6.2

2017/06/08

  • Resolved an issue introduced in the V6.0 release where the driver's EFM cache was reset for each device when the runtime was reinitialized.

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 見やすさと編集しやすさを改善するために、製品ツリー ビューにメーター、マッピング、アラームが表示されるようになりました。
  • マッピングのための「CSV インポート/エクスポート」が、製品ツリー ビューのマッピング オブジェクトの右クリック オプションになりました。
  • 「デフォルトに復元」マッピングに、「編集」 > 「接続性」と、製品ツリー ビューのマッピング オブジェクトの右クリック オプションからアクセスできるようになりました。
  • プロジェクト ファイル (.opf) に液体とガスの両方のマッピング値が保存されるようになりました。ただし、一度に表示されるのは片方だけです。

5.15.585.0

2014/07/22

  • Enhanced the driver to cache the pointer file to disk so that it will not re-poll for data already collected on start-up.
  • Added support for scaling EFM values using the EFM Mapping in the GUI.
  • Updated the flow_time and meter_factor attributes to automatically apply scaling for legacy projects. These attributes were previously scaled but were not user-configurable.
  • Changed the header text in the history and batch mapping UI from "Gas Quality�? to "Gas Composition (Mole%)�? for gas devices and from "Mole % Composition�? to "Liquid Composition (Mole%)�? for liquid devices.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Added support for Liquid EFM. The driver now supports both Liquid EFM and Gas EFM models. The Liquid EFM model supports EFM configuration, hourly history, daily history, batch, alarms, and events upload. It also has the ability to configure and map OMNI archives.
  • Fixed an issue where flow time was not properly scaled. OMNI flow times are recorded in 500 millisecond ticks, and are now scaled to minutes for export to Flow-Cal and other formats.
  • Fixed an issue where alarm state values exported to Flow-Cal CFX V5 files were being decremented by one.
  • Added the archive number to the Event Log message that is displayed when the max size for an archive is set to zero in the device.
  • Fixed issues where the device error state was being improperly cleared after being set because of a DNR during an EFM history upload.
  • Fixed an issue where shared archive data would sometimes not be exported with a history record.

5.11.250.0

2013/03/05

  • Improved the driver's EFM data collection performance and efficiency when intermittent communication errors are seen with the connection to the EFM data source. The optimizations are handled in the driver automatically and no project configuration changes are required in the driver UI.
  • Fixed a device password login problem that caused the driver to stop polling for data until the server runtime was restarted. The error was triggered when Ethernet Encapsulation devices returned "Exception Code 5" as a result of a login attempt with an incorrect password.

5.10.205

2012/11/13

  • Updated the driver with the new Connection Sharing feature.
  • Updated the driver schema to improve EFM meter name validation.
  • Fixed an issue where the RTS and Inter-Request Delay settings were not being respected during the write portion of a Read/Modify/Write transaction.

    Note: A Read/Modify/Write transaction occurs when writing to a bit within a register.

  • Removed the ability of meter names to begin with an underscore, contain quotation marks or periods, or have leading or trailing whitespace.
  • EFM upload (data collection) architecture was enhanced to improve application scalability for projects containing a large number of EFM meters per poll grou

5.9.170

2012/06/26

This new serial driver communicates with OMNI Flow Computers, which are primarily used in Oil & Gas applications. It supports real-time communications as well as Electronic Flow Measurement (EFM), where EFM data is collected and logged via the EFM Exporter Plug-In.

EFM Suite の一部としての機能

  • ガスおよび液体の EFM をサポート
  • EFM の構成とマッピング
    • 時間単位、日単位のガス クロマトグラフ データを含む履歴データ
    • バッチ
    • 液体用製品
    • アラーム
    • イベント

注目のスイート


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

OMNI Flow Computer

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$998.00/年

© PTC Inc. All Rights Reserved.