読み込み中...

OPC UA Client

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

Kepware の OPC トンネリング ソリューションには、KEPServerEX 接続プラットフォームと OPC UA Client ドライバーが含まれています。OPC Unified Architecture (UA) のオープン規格を使用して、KEPServerEX の 2 つのインスタンス間のデバイス通信用に最適なトンネルを提供します。一方のインスタンスはトンネル クライアントとして機能し、もう一方のインスタンスはトンネル サーバーとして機能します。OPC UA Client ドライバーは、KEPServerEX 実装の UA Server インタフェースと組み合わせることで、信頼性の高い方法で安全にデータを転送できます。

OPC トンネリング

トンネリング ソリューションは、クライアント / サーバー アーキテクチャを使用して、ファイアウォールの内外でインターネット、WAN、または LAN 全体にわたり安全で信頼性の高いリアルタイムのデータ トンネリングを実現します。また、Microsoft COM および DCOM テクノロジを利用せずに、デバイス、データ ソース、およびアプリケーション間の簡単なリモート通信を可能にします。

リソース

パフォーマンス

  • OPC DA 1.0 および 2.05a の OPC トンネリングをサポート
  • 企業ネットワーク内で、VPN を介して、ファイアウォールの内外で、あるいはインターネット、WAN、または LAN 全体で動作
  • OPC、ネイティブ インタフェース、DDE にリモート アクセスを提供
  • 2 次トンネルとトリガー条件を構成する機能など、メディア レベルの冗長化をサポート
  • RSA 規格によるデータ暗号化
  • x509 証明書によるエンドポイント認証
  • OPC UA サーバーの自動検出
  • 構造化データのサポートにより、通信およびストレージを最適化
  • Nano プロファイルのサポートにより、組み込みデバイスによって生成されたデータへの OPC UA アクセスが可能に
  • 自動タグ データベース生成
  • OPC UA サーバーの優先順位を設定可能
  • 例外としてのポーリングまたはレポートをサポート (データ変更時)
  • 接続ごとのエンドポイント管理
  • サードパーティ製サーバーのデータをすべての KEPServerEX ドライバーと統合可能
  • キープ アライブ機能とウォッチドッグ機能により信頼性の高い接続を保証

プロトコル

  • OPC Unified Architecture (UA)

ご利用いただける言語

  • Simplified Chinese
  • ドイツ語
  • 英語
  • 日本語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Clients
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • 「Browse Import Items」ダイアログでアイテムを折りたたみ / 展開 / インポートする際のパフォーマンスが向上しました。
  • サポートされるパスワードの長さが 512 文字までに増加しました。

6.3.273.0

2017/09/27

  • 同じ値を連続して書き込んだとき、OPC クライアント ドライバーでタグに不具合が発生する問題を修正しました。
  • AnonymousIdentityToken として NULL PolicyId を設定したクライアントが却下され、「Status_BadIdentityTokenInvalid」ステータスが報告される問題を修正しました。
  • チャネル制限が 128 から 256 に増加しました。

6.2.506.0

2018/06/11

  • チャネルの最大数が 128 から 256 に増加しました。

6.2.460.0

2017/07/06

  • 中国語のサポートが追加されました。

6.2.429.0

2017/06/08

  • ドイツと日本の文化に合わせてカスタム ダイアログ ボックスをローカライズしました。

6.1.655.0

2018/06/11

  • ドイツ語 / 日本語のローカライズの問題を修正しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • 複雑な変数のコンポーネントをインポートできるように、UA Client タグ ブラウザを改良しました。複雑な変数のデータ型が、サポート対象である組み込みまたは列挙から派生するものである場合、ドライバーはその複雑な変数のコンポーネントを自動的にインポートします。
  • すべてのアイテムをデフォルト データ型としてインポートできるように、ブラウズを改良しました。
  • エスケープ スペースが使われている OPC UA URL にセキュリティを確保した状態で接続すると、一部のサーバーで問題が発生していました。KEPServerEX V6.0 から V6.1 にアップグレードするには、修正対象の証明書の再発行が必要です。V5.X から V6.1 にアップグレードする場合、証明書が自動的に再発行されます。
  • タイムアウトしたサブスクリプションをドライバーが再サブスクライブしない問題を解決しました。
  • サーバーがクラッシュした場合、サーバーが再インストールまたは修復されるまで「ユーザー情報が無効または見つかりません」エラー メッセージが表示される問題を解決しました。この問題が発生するのは、複数の OPC UA Client ドライバー チャネルが同時に接続しようとしている場合でした。
  • トランスポート レイヤーの切断がセッション ウォッチドッグによって検出されますが、そのタイムアウトを設定できるようになりました。トランスポート レイヤーの切断後に、セッションとサブスクリプションの再利用、およびあらゆる不明データの再発行が試行されるように、再接続ロジックを改良しました。
  • ポーリング モードのデバイスのモニター アイテムの作成を排除することで、UA Nano、Micro、Micro Embedded UA Server の各プロファイルがサポートされるようになりました。ポーリング モードのデバイスを、登録済みまたは未登録の読み取りを使用するように設定できるようになりました。

6.0.2206.0

2018/06/11

  • ポーリング モードでの書き込み後の読み取りの動作に関する問題を修正し、ターゲット アドレスが新しい値を受信したことを適切に検証できるようにしました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 非対称キーのサイズが 2,048 ビットまでサポートされるようになりました。
  • ポート転送を使用してルータに接続する場合の問題が修正されました。
  • 証明書やパスワードによるセキュリティをサポートしていないサーバーにアクセスできない問題が修正されました。
  • 信頼されていないサーバーへの接続を試みたときに、UA サーバーのチャネル プロパティからの証明書を信頼するようにユーザーに促すメッセージが表示されない問題が修正されました。
  • 書き込みが失敗したときに、接続している OPC DA クライアントに通知されるようになりました。
  • MLR の「障害時に切り替え」によってプライマリ OPC サーバーに適切に切り替えられない問題が修正されました。
  • 書き込み後に明示的な読み込みを行うかどうかを制御するプロパティが追加されました。
  • ドイツ語のサポートが追加されました。
  • 日本語のサポートが追加されました。

5.21.235.0

2018/06/11

  • 書き込み後に明示的な読み取りを行うかどうかを制御するチェックボックスを追加しました。
  • UA タグのアドレスから _InternalTags グループ名を解析し、アドレスの読み取りと書き込みを可能にしました。
  • ポーリング モードでの書き込み後の読み取りの動作に関する問題を修正し、ターゲット アドレスが新しい値を受信したことを適切に検証できるようにしました。

5.21.114.0

2017/03/20

  • 同じ値を連続して書き込むとタグの品質が低下することがある問題を修正しました。
  • 書き込み後に明示的な読み込みを行うかどうかを制御するプロパティが追加されました。
  • UA Client ドライバーで _System タグのような内部タグを正しく解決できない問題を解決しました。
  • サーバーがクラッシュして、サーバーが再インストールまたは修復されるまで「ユーザー情報が無効または見つかりません」というエラー メッセージが表示されることがある問題を修正しました。この問題が発生するのは、複数の OPC UA Client ドライバー チャネルが同時に接続しようとしている場合でした。

5.21.112.0

2016/08/16

  • Fixed a buffer overflow that could result in a crash.
  • Fixed an issue where the driver could delete monitored items immediately after creating them.
  • Fixed an issue in Polled Mode where all items were set to “Bad” quality if a keep-alive or data change was not received within the watchdog timeout. These only apply to Exception Mode and are not required for Polled Mode.

5.20.396.0

2016/05/03

  • Added support for 64-bit data types (LLong, QWord).
  • Fixed a race condition that could result in a runtime crash in limited scenarios.
  • Improved driver to prompt the user to trust a connection to the UA server when creating an initial connection using security if the certificate is not yet trusted.

5.19.467.0

2015/10/20

  • Enhanced Automatic Tag Generation for a device object while one or more clients are actively connected.
  • Resolved an issue that could cause the client to receive a newly written value, then a stale cached value, before receiving the new value again.
  • Resolved an issue where the posted error message was not representative of the actual cause of the error.
  • Resolved an issue that caused tag import to hang while loading large branches of tags.

5.18.673.0

2015/08/17

  • Upgraded OpenSSL (open source library) to version 1.0.2d to address security vulnerabilities pertaining to certificate validation.

5.18.662.0

2015/06/23

  • The driver no longer creates subscriptions and monitored items for inactive tags. This allows the driver to act in a cold redundancy mode when used with the Media Level Redundancy plug-in.
  • Increased time for UA clients to disconnect when shutting down to allow for proper shutdowns.
  • Changed the driver to request both the server and source timestamps from the UA server. The driver uses the source timestamp supplied by the UA server if it is available. If it is not available, the driver uses the UA server timestamp. If that is not available, the driver sets the timestamp to the current system time.
  • Fixed an issue to allow importing a tag branch containing a tag with an unsupported data type.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Enhanced the driver to reconnect the UA session after encountering an invalid Session ID error.
  • The Device _Error flag is now set if the driver is unable to connect on the initial connection.

5.16.722.0

2014/10/21

  • Changed the driver to pass through source timestamp to tags instead of server timestamp. The timestamp will not be updated if the source timestamp is not provided.

5.15.588.0

2014/09/23

  • The driver now passes the source timestamp instead of the server timestamp to tags.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Enhanced the driver to support Media Level Redundancy.
  • Modified the self-signed certificate to make the AppURI and SubjectAltName fields equal for OPC UA Compliance.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Fixed a memory leak caused by unremoved items in a subscription. The leak occurred for Subscriptions using the "Poll" Update Mode.

5.13.191.0

2013/10/15

  • Resolved an issue where the driver failed to import tags if the data type returned by the target server was VT_EMPTY.

5.10.205

2012/11/13

  • Fixed an issue where the Default data type on a Static Tag using a dynamic address had Bad Quality.
  • Fixed an exception that would occur when invalidating tags while unloading the driver.

5.9.170

2012/06/26

  • Fixed an issue where tags containing the "GUID" Node ID type were not being validated correctly.
  • Fixed an issue in the Tag Import Browser where parent node tags would be imported even when only a child node was selected.

5.6.122.0

2011/07/25

  • Fixed the failure to decrypt persisted password information stored in projects that were created before 5.6.

5.5.94.0

2011/02/18

  • Added support for two-dimensional arrays.
  • Added support for Certificate Validation when importing or trusting certificates.

5.4.131.0

2010/10/28

  • Fixed an issue wherein the initial update was not passed on to client applications.
  • Improved the browse code to report a single failure instead of multiple failures per browse request.
  • Added support for the browseNext method, allowing clients to browse and import nodes from a server that limits the max returned nodes.
  • Fixed a deadband issue wherein we were not correctly passing in the client item handle for the item to which deadband was applied.
  • Removed the driver tag address limit of 1024.
  • Fixed duplicate browse entries when performing a full refresh through the context menu in the server browser.

5.3.118.0

2010/06/09

  • The driver now reports a value, quality, and timestamp for invalid tags (tags that can't be added to the remote server). Previously we would keep attempting to read the tags, expecting an initial update. In the case that the tag is invalid we won't receive an update, and should report the tag is BAD.
  • Fixed issue where the requested data type was not being honored when providing tag updates on monitored items.
  • Fixed a bug where the password was not cleared in the decryption logic if the password was empty. This caused the runtime and the configuration to get out of sync with channel passwords.
  • The performance of Auto Tag Generation has been enhanced.
  • Fixed an issue where we fail to connect to our own UA server if we are using a username/password and no security.
  • The client driver now places the server certificate in the rejected store if it fails to connect with security. In the configuration we also display a message box that allows the user to trust an untrusted endpoint.
  • Added synchronization and error checking for session read and write callbacks. It was possible to get an invalid subscription handle in the callback.
  • The driver now removes all items from the underlying server when the UA Client's device is configured as disabled.
  • Fixed an issue where the UA Client Driver returned an invalid read value when an item did not receive an update from the UA Server. We now continue to process the read request until we have a valid return value.

5.2.133.0

2010/02/18

  • New Driver

メリット

  • DCOM よりも設定と構成が簡単
  • ファイウォールに対応
  • クライアント インタフェースとデバイスの強力なポートフォリオ
  • 256 ビット AES メッセージ署名および暗号化を使用する安全で信頼性の高いデータ転送
  • パフォーマンス、スケーラビリティ、信頼性を確保するマルチスレッド アーキテクチャと非ブロック非同期メッセージング
  • 診断ツールによる簡単なトラブルシューティング

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

OPC UA Client

この製品は、次のスイートでご購入いただけます:

KEPServerEX による安全なデータ トンネリング

詳細な手順説明に従って、2 つの KEPServerEX インスタンス間の安全で暗号化されたデータ トンネルを構成できます。

詳細はこちら