読み込み中...

Siemens TCP/IP Ethernet

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

Siemens TCP/IP Ethernet ドライバーは、KEPServerEX と連動し、TCP/IP イーサネット プロトコルを使用して、OPC クライアントと Siemens S7-200、S7-300、S7-400、および S7-1200 PLC の間のデータ交換を行います。このドライバーは、標準の PC ネットワーク インタフェース カードを使用して S7 PLC と直接通信します。ソフトウェア パッケージやライブラリを追加する必要はありません。ブロック読み取り / 書き込みに特化した最適化機能により、CP243、CP343、および CP443 通信プロセッサの使用時に多くのアプリケーションが自動的に高速化されます。

Siemens TCP/IP Ethernet ドライバーは、netLink アダプタ ケーブルもサポートします。

リソース

パフォーマンス

  • デバイスごとに複数の接続をサポート
  • CP-243、CP-343、および CP-443 TCP/IP 通信カードをサポート
  • PC/PG/OP アクセス ポートでのアクセスをサポート
  • パフォーマンスと作業効率を向上するため、デバイスで設定されている最大パケット データ ユニット (PDU) サイズをサポート
  • メモリ タイプとして I、E、Q、A、M、F、T、C、Z、およびデータ ブロック アクセスをサポート
  • ビットレベルのアクセスをサポート
  • 低コストの NetLink 通信アダプタをサポート
  • NetLink 構成ユーティリティ (イーサネットから S7 MPI へのゲートウェイ) をサポート
  • S7-300 および S7-400 デバイスについて Simatic STEP 7 プロジェクトからの自動タグ生成をサポート

プロトコル

  • Siemens Industrial Ethernet

サポート対象デバイス

  • netLink 50-MPI - S7-300
  • netLink 50-MPI - S7-400
  • netLink -MPI - S7-400
  • netLink-MPI - S7-300
  • netTap 40-MPI - S7-300
  • netTap 40-MPI - S7-400
  • S7-1200- Family
  • S7-1500- Family
  • S7-200 - Family
  • S7-300 - Family
  • S7-400 - Family

ご利用いただける言語

  • Simplified Chinese
  • ドイツ語
  • 英語
  • 日本語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

General

  • Increased the maximum channel count from 256 to 1024.
  • Fixed an issue where a write operation to an array would fail if it hadn't been read.

TIA Portal Exporter Utility

  • TIA Portal Exporter Utility now supports TIA Portal V14 SP1 and V15.
  • Fixed an issue creating server tags from multi-dimensional arrays.

6.4.405.0

2018/06/11

  • Increased the maximum channel count from 256 to 1024.

6.4.321.0

2017/12/13

  • 大きな PDU サイズ (480 および 960) のサポートを追加しました。

    注記: 大きな PDU サイズを使用することで、スループットを高め、デバイスからのアクセスの配列サイズを大きくすることができます。サポート対象の PDU サイズについては、デバイスの通信プロセッサに関するマニュアルを参照してください。
  • "最大 PDU サイズ" という新しい設定を追加しました。この定義済みの設定を上限に開始することで、ドライバーとデバイスはサポート対象の最高 PDU サイズをネゴシエートできます。使用可能な PDU サイズには、240、480、960 があります。

6.3.273.0

2017/09/27

  • 自動タグ生成 (ATG) を実行する際、構造体の配列内でアトミック データ型が生成されない問題を修正しました。

6.2.460.0

2017/07/06

  • 中国語のサポートが追加されました。

6.2.429.0

2017/06/08

  • Siemens TIA Portal のタグを Siemens TCP/IP Ethernet ドライバーにインポートできるようになりました。
    • TIA Portal Exporter Utility によって生成されるエクスポート ファイルを使用する必要があります。このユーティリティのインストーラーは、Siemens TCP/IP Ethernet ドライバーに附属しています。
    • サポート対象の TIA Portal のバージョンは、TIA Portal V13 SP1、TIA Portal V13 SP2、TIA Portal V14 です。

      注記: V14 SP1 は現在サポート対象外です。
    • ドイツ語がサポートされています。

6.0.2206.0

2018/06/11

  • Fixed a bug where atomic data types inside an array of structs were not generated when performing Automatic Tag Generation.

6.0.2107.0

2016/11/15

  • ドイツ語のサポートが追加されました。
  • 日本語のサポートが追加されました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Resolved an issue that could cause memory corruption and runtime crash.
  • Corrected an issue where nested UDT structures within arrays weren't parsed correctly from ‘s7p’ files during Automatic Tag Generation.

5.18.673.0

2015/08/17

  • Fixed an issue where validating invalid tag addresses with 16 or more continuous alpha characters could result in a crash of the Runtime. This could occur in two cases: after Auto Tag Generation from a device containing symbolic tags or if a client referenced tag names not defined in the server.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Fixed an issue where tags of type 'Date' could result in other tag values not being updated. This only occurred with tags that were in the same block as the Date tag.
  • Added support for HEXSTRING data types.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Enhanced Automatic Tag Generation support to include extended (non-ASCII) characters.
  • Fixed an issue where an uninitialized buffer could cause a buffer overflow and result in a crash.
  • Fixed an issue where an invalid data length in a response could cause a buffer overflow and result in a crash.
  • Fixed an issue where the driver would treat a WSAEWOULDBLOCK as an error when waiting to receive data. This could result in an error reported for a valid packet.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Added a new S7-1500 model.
  • Added support for automatic tag generation from a Step 7 project file for S-400 and S-300 controllers.

5.12.140.0

2013/06/18

  • Added support for BOOL arrays.

5.10.205

2012/11/13

  • Added Applicom address syntax to provide both Byte and Word order control at the tag level.
  • Fixed a Read/Write issue introduced in 4.190 that can occur for S7-200 addresses utilizing the KT suffix.
  • Added Read/Write support for the S7 TIME data type as String for the following memory types: DB, I, E, Q, A, PI, PE, PQ, PA, M, and F.
  • Added Read/Write support for the S7 DATE data type as String for the following memory types: DB, I, E, Q, A, PI, PE, PQ, PA, M, and F.
  • Added write support for the S7 TIME_OF_DAY data type as String for the DB memory type.
  • Updated the Read/Write support for the S7 TIME_OF_DAY data type as String to include the following memory types: I, E, Q, A, PI, PE, PQ, PA, M, and F.
  • Updated the read support for the S7 DATE_AND_TIME data type as String or Date to include the following memory types: I, E, Q, A, PI, PE, PQ, PA, M, and F.

5.9.170

2012/06/26

  • Fixed an issue where the Byte Order (Big Endian or Little Endian) for a tag could unexpectedly change. This occurred when there were two or more devices under one channel that had tags pointing at the same address, but with a different Byte Order selected. This could result in an incorrect Byte Order for one or all of those tags.
  • Added support for the Date data type for the Siemens DATE_AND_TIME (DT) data block memory type.
  • Added write support for the Siemens TIME_OF_DAY (TOD) data block memory type.

5.8.109.0

2012/02/21

Added support for the Siemens TIME_OF_DAY (TOD) data type. Exposed the hint for the Siemens "DATE_AND_TIME" (DT) data type.

5.6.122.0

2011/07/25

  • Fixed a deadlock issue that could cause the channel to stop communicating.

5.4.131.0

2010/10/28

  • Modified the driver to support locale-specific multi-byte strings.

5.3.118.0

2010/06/09

  • Added support for Siemens S7-1200 model.

5.2.133.0

2010/02/18

  • Fixed issue where the Runtime could terminate after multiple writes to bit addresses.
  • Resolved issue introduced in 5.1 release where device-level _System tags (_Error,_NoError) were not working properly.

5.1.71.0

2009/10/21

  • Added support for DNS hostname resolution.
  • Fixed issue where driver was posting multiple "Device Not Responding" messages.

TIA Portal Exporter Utility

TIA Portal Exporter Utility では、Siemens TIA Portal でプログラムされた Siemens S7-300、S7-400、S7-1200、または S7-1500 コントローラを使用するユーザーが、KEPServerEX プロジェクトに必要な特定のタグを自動的に生成できます。追加のコストなくスタンドアロンでインストール可能で、TIA Portal V13 SP1、V13 SP2、V14、V14 SP1、V15 と互換性があります。

TIA Portal Exporter Utility の機能:

  • Siemens TIA Portal プロジェクト内の特定のコントローラを選択
  • すべてのタグ テーブル、データ ブロック、UDT、機能ブロックからタグを選択
  • タグ名、アドレス、データ型で検索 / フィルタリング
  • KEPServerEX プロジェクトで必要な特定のタグをインポート
TIA Portal Exporter Utility (EXE) をダウンロード

ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

Siemens TCP/IP Ethernet

この製品は、次のスイートでご購入いただけます:

TIA Portal Exporter Utility

TIA Portal Exporter Utility を使用すると、KEPServerEX プロジェクトで必要な特定のタグを自動的に生成できます。操作方法

  1. Siemens TIA Portal がインストールされているマシンに TIA Portal Exporter Utility をインストールします
  2. Siemens TIA Portal プロジェクトをこのユーティリティにアップロードします
  3. コントローラを選択します
  4. KEPServerEX で定義するタグを選択します
  5. これらのタグを含むファイルをエクスポートします
  6. データに即座にアクセスできるように、このファイルを Siemens TCP/IP Ethernet ドライバーにアップロードします
TIA Portal Exporter Utility (EXE) をダウンロード