読み込み中...

SNMP

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 SNMP ドライバーにより、さまざまな産業用制御システム ネットワークのパフォーマンスに関する情報を得ることができます。SNMP Suite は、マネージド / アンマネージド SNMP 対応イーサネット ネットワーク デバイスの監視および解析機能を、HMI、SCADA、ヒストリアン、MES の各主要ソフトウェア パッケージにシームレスに統合します。これにより、オートメーション担当者は、ハブ、ルーター、スイッチ、PC / サーバー、UPS デバイスをはじめとしたマネージド / アンマネージド デバイスのステータスを、信頼性の高い方法でオートメーション システムに直接組み込むことができます。

リソース

パフォーマンス

  • "専門タグ" を使用して、ポーリングされた単一 OID の現在の値以上の情報を得ることが可能
  • 自動検出をサポート
  • MIB インポートをサポート
  • ネットワーク アナリストをサポート
  • SNMP トラップをサポート
  • 履歴データ属性をサポート
  • イベント タグをサポート
  • テーブル オフセットをサポート
  • ScanFloor プロパティを装備
  • SNMP バージョン 3 セキュリティをサポート
  • アンマネージド デバイス監視をサポート
  • デバイス ポーリングのランタイム管理をサポート
  • 通信シリアル化をサポート

プロトコル

  • SNMP

サポート対象デバイス

  • Alarm Management RTUs
  • Device Servers
  • Environment Monitoring Equipment for Server Rooms
  • Managed Industrial Ethernet Switches
  • Printers
  • Routers
  • Uninterruptible Power Supplies (UPS)
  • Unix-based Servers
  • Windows-based PCs and Servers

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Version 1.02
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • チャネルの最大数が 256 から 1,024 に増加しました。
  • トラップを拡張 ASCII として表示する新しいオプションを追加しました。

6.4.321.0

2017/12/13

  • 一部のアプリケーションで、タグをクライアントに登録するときに SNMP ドライバーが停止する問題を修正しました。

6.3.279.0

2017/10/25

  • SNMP ドライバーでデバイス検出機能を使用するとサーバー ランタイムがクラッシュする問題が KEPServerEX バージョン 6.3 で生じました。この問題は修正されました。

6.3.273.0

2017/09/27

  • トラップを拡張 ASCII として表示する新しいオプションを追加しました。

6.2.506.0

2018/06/11

  • タグ参照の処理を改善しました。
  • タグ登録を頻繁に行うとドライバーが応答しなくなる場合がある問題を修正しました。

6.1.655.0

2018/06/11

  • アクティブ タグの内部処理を改善しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • MIB インポート設定に、自動タグ生成を手作業で開始するオプションが追加されました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • 「デバイスの検出」に、製品ツリー ビューのチャネルの右クリック オプションからアクセスできるようになりました。
  • リクエストの最大タイムアウトが 9,999,999 に修正されました。以前は最大値が 9,999 に設定されていました。

5.21.235.0

2018/06/11

  • チャネル制限が 256 から 1,024 に増加しました。
  • 要求タイムアウトの最長値が 9,999 から 9,999,999 に増加しました。

5.21.114.0

2017/03/20

  • 意図したとおりに最大範囲値 9,999,999 をサポートするようにリクエストのタイムアウトを修正しました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Fixed a deadlock situation that could occur when importing an MIB file with clients connected.

5.18.662.0

2015/06/23

  • Fixed an issue where strings with a null value were truncated at the first null.

5.15.585.0

2014/07/22

  • Added Advanced Encryption Standard (AES) support for SNMP v3. This includes 128 bit encryption in compliance with RFC 3826, as well as Cisco-specific extensions to support AES 192 bit and 256 bit encryption.
  • Fixed an issue where privacy-related bytes would be incorrectly transmitted if the driver was configured with SNMP v3 "Authentication but no Privacy" security.
  • Fixed an issue where the driver improperly assigned the "contextEngineID" and thus did not allow communications with certain target devices that enforce the proper use of contextEngineIDs.
  • Made a change wherein the Username is now required in the SNMP v3 Security property page and validation displays the last valid name if the user tries to delete it.
  • Passphrase characters are now obfuscated in the same manner for all passphrase fields. Content is obfuscated but length is not.
  • Passphrase fields are no longer cleared when a change to the security level is applied in the SNMP v3 Security property page.

5.14.491.0

2014/02/18

  • Fixed an issue where tags would have bad quality if the data type length was in long form.
  • Added (EncExtAsc) as an encoding identifier (appended to the OID in the Address field) so extended ASCII characters will be human readable instead of represented in Hex.

5.10.205

2012/11/13

Fixed an issue with Set (Write) operations where the driver would not always encode integer values in the smallest possible number of octets. For certain managed devices, this could cause the Set operation to fail.

5.8.109.0

2012/02/21

  • Added the "Port Offset" device property to the Network Analyst sheet and wizard pages.
  • Changed the "Points in Moving Average" key combination shortcut on the Network Analyst sheet and wizard pages from Alt-A to Alt-M.
  • Increased the maximum number of channels from 100 to 256.

5.7.84.0

2011/10/24

  • Traps can now be disabled if channel serialization is disabled (when Channel Virtual Network set to "None").
  • The driver no longer automatically generates tags for unrelated device configuration changes like Port, Protocol, and so on.

5.6.122.0

2011/07/25

  • Migrate scan floor functionality from SNMP custom device properties to standard server device properties.
  • Expanded the "Deactivate tags on NoSuchObject/Instance errors" option to include SNMPv1 "NoSuchName" errors in CSnmpFrame. This device property applies to all polling that uses Get requests, including polls for Network Analyst Tags. Previously, Network Analyst Tags were not affected by this setting.
  • Fixed an issue that could make the Runtime unresponsive when loading certain projects.
  • Added Inform support for SNMPv2c/v3 Traps/Notifications.
  • Added Communication Serialization (virtual network support) to the SNMP Driver. To meet the serialization requirements, the SNMP Driver now serializes tag processing and device discovery.
    Note: Trap reception will be disabled when the SNMP channel is a member of a virtual network.
  • Removed the dependency between the number of varbinds that a Defined Trap could receive and the "Number of Fields" value used for Event Tags.
  • Fixed an issue when reading values from OIDs of SNMP data type UInteger32.

5.5.94.0

2011/02/18

  • Fixed an issue where changing from v2c to v1, the "GetBulk" check box selection was not being persisted.
  • Fixed a host name resolution issue where the driver was no longer receiving SNMP Traps from a device after the device's IP address changed.
  • Added the ability to invalidate rather than deactivate tags that receive "NoSuchInstance" and "NoSuchObject" errors from a device agent.
  • Added support for Authentication and Encryption of SNMP messages (SNMPv3 security).

5.4.131.0

2010/10/28

  • Enhanced MIB parsing capabilities by providing the ability to multi-select MIBs for import, and also made the parser more tolerant of minor MIB warnings (syntax or format) that should not prevent import.
  • The user is now prompted when a MIB dependency exists in both the repository and the Import target directory. If the user confirms overwriting, the repository file will be deleted and the target file will be added to the repository.
  • Importing a file that is contained in the repository now causes the existing file to be deleted, and the new file added. Before, the old file was not deleted and the two files coexisted.
  • Formatting change for user imported MIBs from "UserImported-<file name>" to "UserImported-<module name>_<file name>".
  • Fixed an issue in the MIB Import tab of Device Properties wherein selecting "Customize" following removal of a module would re-add the previously removed module.
  • Added the SNMP GetBulk command in order to read multiple OIDs from individual tables more efficiently. This is a user-selectable device property and is only used for SNMP version 2c.
  • Fixed an issue wherein traps with snmpTrapOid varbinds with trailing ".0s" were not handled correctly.
  • Fixed an issue with processing trap events from devices that pad the timestamp of the trap event packet with zeros.

5.3.118.0

2010/06/09

  • The default SNMP MIB template selection was changed from "Switch" to "Other".
  • Fixed bug where driver was using an invalid transaction id format resulting in unnecessary transaction retries.
  • Added support for auto device discovery.

5.2.133.0

2010/02/18

  • Fixed Trap event handler to receive Traps correctly after IP changes when the device is in use (has active items).
  • Disabled Scan Floor and Lock controls on Device Communications property page if the device is in use (has active items).

5.1.71.0

2009/10/21

  • Added auto tag generation support for a variation of a "trap OID" containing an enterprise specific type.

5.0.1176.0

2009/07/22

  • Added multi-threaded communications support.
  • Improved MIB import capabilities.

シンプル ネットワーク マネジメント プロトコル (SNMP) は、ネットワーク デバイス間の管理情報の交換を円滑にするアプリケーション レイヤー プロトコルです。SNMP は、トランスミッション コントロール プロトコル / インターネット プロトコル (TCP/IP) プロトコル スイートに属し、IETF によって管理される規格です。

SNMP を使用するネットワーク管理者は、ネットワーク パフォーマンスを管理し、ネットワークの問題を検出して解決するとともに、ネットワーク拡大のための計画を練ることができます。SNMP はオープン プロトコルであり、ネットワーク管理システムとネットワーク デバイスの間のデファクト スタンダード プロトコルとして何年も前から使用されています。


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

SNMP

この製品は、次のスイートでご購入いただけます: