読み込み中...

User Configurable (U-CON)

ライセンス最低価格: $452.00
Download Free Demo

製品の概要

KEPServerEX 用 User-Configurable (U-CON) ドライバーを使用すると、既製のドライバーが提供されていないシリアル デバイスやイーサネット デバイス (バーコード リーダー、計量器、各種センサー、RTU など) 向けのデバイス ドライバーをすばやく容易に作成できます。このドライバーの直感的なインタフェースは、プログラミングに精通していなくても使用できるよう設計されています。プロトコルに関する基本的な知識とマニュアル、デバイスさえあれば、すぐに使い始めることができます。OPC をはじめとした独自のクライアント インタフェース技術は KEPServerEX 内部で処理されるため、クライアント側の通信が簡略化されます。U-CON ドライバーは、KEPServerEX 通信プラットフォーム内で使用できるすべての機能セットをサポートしています。

リソース

パフォーマンス

  • ファンクション ブロックをサポート
  • 送信請求モードと非送信請求モード (マスター / スレーブ) をサポート
  • グローバル、スクラッチ、初期化の各バッファをサポート
  • イベント カウンタをサポート
  • 最大 100 個の同時シリアル ポート構成とネットワーク インタフェース カード (NIC) 構成をサポート
  • エラーからの回復、調整可能なタイムアウト、書き込み最適化をサポート
  • マルチスレッド設計によって最適なパフォーマンスを保証
  • デバイス / ターミナル サーバー接続用のイーサネット カプセル化を組み込み
  • シリアル デバイス接続用のダイヤルアップ モデム機能を搭載
  • プロトコル表示機能のある堅牢な通信診断システムを装備
  • 常時オンライン稼働により、変更の迅速な反映が可能
  • デバイス データの直接スケール変換に対応しているため、生のデバイス データを OPC クライアント アプリケーション向け工学単位に変換可能

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

6.2.429.0

2017/06/08

  • 非送信請求モードが「いいえ」に設定されている場合に、キーの長さをゼロに設定します。

6.1.601.0

2017/04/04

  • write checksum コマンドがプロジェクトの読み込み時にタイプを変更する問題を修正しました。

6.0.2206.0

2018/06/11

  • プロジェクトのロード時に write check sum コマンドによってタイプが変更される問題を修正しました。

6.0.2107.0

2016/11/15

  • チャネル構成およびデバイス構成の追加、読み込み、更新、削除を、構成 API サービスでプログラムによって行えるようになりました。
  • トランザクション エディタのプロファイル (全体) の追加、読み込み、更新、削除を、構成 API サービスでプログラムによって行えるようになりました。
  • パスワードとセキュリティの機能が向上しました。
  • RAW データ フォーマットの 32 ビットの Motorola (ワード スワップ) が選択された場合に最大 8 ビットしか選択できなかった、マルチビットの整数フォーマットに関する問題が修正されました。
  • 「再試行回数」の値が必ず優先されるようになりました。

5.21.112.0

2016/08/16

  • Fixed an issue where editing a tag with a client connected could hang the driver.

5.18.662.0

2015/06/23

  • Added a new custom checksum: sum all bytes, invert all bits, truncate result to one byte, and add 1. The checksum is applicable to Emerald devices, from Industrial Indexing Systems.

5.17.495.0

2015/02/24

  • Fixed an issue where global function blocks with commands CCmdWriteDeviceID or CCmdTestDeviceID could cause an XML configuration to fail to load.

5.16.728.0

2014/11/18

  • Fixed a project load/save issue that was introduced in the 5.16.722.0 release that could cause both the Configuration and Runtime to fail to load projects. The failure was intermittent and depended on the project layout.

5.16.722.0

2014/10/21

  • Updated the Tag Editor in the Transaction Editor to enforce the rules for tag names; specifically, to not allow trailing whitespace. This solves issues where copying and pasting a name that contains whitespace at the end caused the tag to fail validation. The Tag Group and Tag Block Name dialogs were also updated to enforce this.

5.13.191.0

2013/10/15

  • Fixed an issue where deadlock could occur if multiple pieces of outgoing data were queued while the driver was still processing incoming data. This change affects the Transmit and Transmit Byte Commands.
  • Fixed an issue where data loss could occur if there was still data on the wire from a previous transmission when either a Transmit or Transmit Byte command was called.
  • Added logic to handle writing packets larger than 1024.
  • Added support for the CRC-8 Checksum, which is listed as "Custom #15 (8-bit)." The checksum's CRC polynomial is: x^7 + x^3 + 1.

5.10.205

2012/11/13

Added the new custom check sum "Custom #14 (8-bit)". The check sum is determined by subtracting the valid hex numbers and the ASCII values of non-valid hex numbers from 0x00, and then swapping the Hi and Low nibbles.

5.9.170

2012/06/26

  • Fixed an issue where the configuration client would crash when the driver attempted to automatically generate tags while disconnected from the Runtime.
  • Prevented a deadlock issue that could occur if multiple pieces of outgoing data were queued while the driver was processing incoming data. This change affects the Transmit and Transmit Byte Commands.
  • Fixed an issue where the "Update Tag" command no longer fails when used in an unsolicited mode tag and the tag type is "Dynamic ASCII Format".
  • DWord tags that use "ASCII Integer" or "ASCII Integer (packed 6 bit)" now support the full DWord range.
  • The "Update Tag" command now updates a numeric data tag that uses the "Byte from 2 ASCII Hex Chars (hh)" or "Nibble from 1 ASCII Hex Char" format.
  • Fixed an issue where transaction commands were unavailable from the Edit menu if the Transaction window was selected.
  • Increased the character limit for Tag Group Names and Tag Names to 255.
  • Added the new Custom Checksum "Custom #13 (8-bit)". This checksum sums the bytes and then subtracts the sum from zero.

5.8.109.0

2012/02/21

Fixed high CPU utilization in the Server Runtime caused by the U-CON driver when using cached Write Value commands in unsolicited Ethernet encapsulation mode and no socket connection exists.

5.6.122.0

2011/07/25

  • Fixed the ASCII/Hex ASCII encoding for the existing Date/Time formats and added new Date/Time formats. The new Date/Time formats include the following:
  • Added the Seek String Command. Reworked the Test String and Write String commands to support all the string formats that are supported by the driver.
  • The Event Counter is now stored as DWord. The Update Tag can update the tag with the value of the Event Counter for 8, 16, and 32-bit Intel data formats.
  • The Write Event Counter command now supports various 32-bit formats for writing the DWord Event Counter.
  • Added "Use Current Buffer Position" checkbox controls to the following commands: Test Device ID, Test String, Test Character, Test Check Sum, Test Bit Within Byte, and Compare Buffer.
  • Resolved an issue where the driver was failing to send closely-timed Transmit commands while using Ethernet Encapsulation.
  • Fixed an obscure issue where a temporary buffer used by the state machine of one channel could be overwritten by the state machine of another channel which resulted in erroneous updates of certain tags. State machines now use independent and thread safe buffers to prevent this problem.

     • Short Date [YYYY/MM/DD]

     • Short Date [YY/MM/DD]

     • Standard [MM/DD/YY HH:MM:SS]

     • Standard [DD/MM/YYYY HH:MM:SS]

     • Standard [DD/MM/YY HH:MM:SS]

     • Standard [YYYY/MM/DD HH:MM:SS]

     • Standard [YY/MM/DD HH:MM:SS]

5.5.94.0

2011/02/18

  • The driver will now check for License Activation upon receiving unsolicited communications.

5.4.131.0

2010/10/28

  • Fixed issue where projects created in server/driver version 5.3 that used WriteDeviceID and WriteEventCounter commands would fail version comparison and not load the project in 5.4.
  • Fixed an issue wherein legacy .opf projects saved as xml would fail to pass schema validation.
  • Modified Transaction Editor Write commands, and also added Data destination radio buttons for Read, Write, Scratch, and Global buffers for commands CmdWriteDeviceId, CmdWriteEventCounter, and CmdWriteCheckSum.
  • Increased the Device ID value limit from 255 to 65535.
  • The Transaction Editor posted an incorrect validation message when creating a Cache Write Value command without a preceding Transmit command. A Write Data command is required before a Cache Write Value command. A Transmit command is not required. Both the validation and error message have been updated.
  • Fixed an issue wherein the driver sometimes failed to respect signed data types if the device data format had fewer bytes than the data type. Signed data types would not correctly display negative values. The driver now always respects whether the data type is signed when converting to and from the device format.

5.3.118.0

2010/06/09

  • Fixed issue where the Invalidate Tag command would not invalidate tags inside of a Tag Block.
  • Added support for Custom #12 (8-bit) checksum. This is a variation on the Sum (8-bit) Check Sum. Input data is assumed to be in Ascii Hex. Data is converted to hex before sum. The sum is then subtracted from 0xFF.
  • Added model to support string based IDs. The model affects the formats available in the Write Device ID command and the Test Device ID command.
  • ASCII Real and ASCII Real (packed 6 bit) format property pages have been modified to be more user-friendly.
  • Fixed issue where Function Blocks and Global Buffer Preset were saved as part of an xml server project but were not available in the project when reloaded.

5.2.133.0

2010/02/18

  • Added ability to select any character as the escape character for a selected group of control characters to the Handle Escape Character command.
  • Fixed issue where format properties for commands were not preserved in the transaction editor on loading a command's properties.

5.1.71.0

2009/10/21

  • Fixed issue where Transmit Byte command and Clear Rolling Buffer command were allowed to be selected from the menu without selecting a transaction in the item view.

5.0.1176.0

2009/07/22

  • Fixed issue where the Event counter was not incrementing for unsolicited transactions when as command preceded the initial read response.
  • Fixed issue with ASCII Real and ASCII Real (packed 6-bit) formats where legacy projects failed to load a default value for the "Use decimal comma in place of decimal point" option in the format properties. This resulted in projects behaving as though it was set even though the check box was not marked. Viewing the dialog box would set the property to the default value (unchecked/false).
  • Fixed issue with ASCII Real and ASCII Real (packed 6-bit) formats where non-negative numbers with negative exponents only displayed the exponent.

プロトコル要件

プロファイルを作成するには、まずデバイス製造メーカーからプロトコル マニュアルを入手する必要があります。プロトコル マニュアルは通常、ハードウェア ベンダーからデバイスとともに提供されるか、ベンダーの Web サイト上に PDF 形式で掲載されています。お使いのデバイスのモデル番号を調べ、デバイスがシリアルとイーサネットのいずれのオプションをサポートしているかを確認しておいてください。

U-CON ドライバーのトランザクション エディタでは、メニュー形式のインタフェースを使用して、デバイスとの実行時通信を確立するための読み取り / 書き込みトランザクション (データ パケット) を設定できます。これらのトランザクションを作成したら、信頼性が高く現場での実績を重ねている Kepware の通信プラットフォーム、KEPServerEX にトランザクションをタグとしてアップロードします。

サンプル U-CON プロファイル

免責条項

すべてのサンプル コードは Kepware および貢献者によって "現状のまま" 配布されたものであり、商品性および特定目的との適合性の黙示保証を含む (ただし必ずしもこれらに限定されない) 明示または黙示の保証をすることなく提供するものです。いかなる場合も、Kepware または貢献者は、いかなる直接的損害、間接的損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害 (商品またはサービスの代替品の調達費負担、効用、データ、利益の損失、あるいは事業中断を含むが、必ずしもこれらに限定されない) に対しても、たとえそれがいかなる原因または責務の理論に基づくとしても、契約の記述、厳格責任、または不法行為 (過失およびそれ以外の場合も含む) のあるなしを問わず、損害が生じる可能性について報告を受けていたとしても、本ソフトウェアの使用が原因で発生する損害に関し一切の責任を負わないものとします。Kepware は、そのソフトウェア、情報、または支援が利用されている状況において、エンジニアリングに関連した過失や怠慢が発生した場合、それらの一切に対する責任を否認します。サンプル コードまたはアプリケーション開発に関する質問は、製品サポートではなくアプリケーション支援に分類されます。お客様は、サンプル コードをダウンロートして使用することにより、この免責条項に規定されている条件に目を通し、それらを理解したうえで同意したものとみなされます。


ドライバーとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

ドライバーとは、KEPServerEX が特定のデバイス、システム、その他のデータ ソースの接続要件を満たすことができるようにするソフトウェア コンポーネントです。ドライバーは、KEPServerEX のデータ ソースへの独自規格の通信をすべて処理します。クライアント インタフェースは、デバイスを監視または制御するアプリケーションへの OPC、独自規格、オープン規格のサポート対象接続すべてを処理します。

ドライバーのライセンスは、個別に、またはスイートで取得することができます。追加のドライバーのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。

ご購入に関する情報

User Configurable (U-CON)

サブスクリプション

このソフトウェアを使用するには、年額料金のお支払いが必要です。サポートおよびメンテナンスが含まれます。

$452.00/年

U-CON を使用した産業用 IoT センサー データの収集に関するオンライン セミナー

このオンライン セミナーの内容:

  • U-CON ドライバーを使用して、社内全体の IIoT を最適化する方法
  • IoT または Web アプリケーションで独自の U-CON 機能を利用する方法 (HTTP GET コマンドを発行するなど)

ブログ スポットライト

User-Configurable (U-CON) ドライバーを使用して、新規デバイスからデータを既存のオートメーション システムに取り込む方法について例を挙げてご説明します。

詳細はこちら