読み込み中...

Universal Device Driver (UDD)

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

The Universal Device Driver accelerates creating user-defined custom driver profiles using Javascript enabling greater visibility to Tier 2 and Tier 3 niche manufacturing devices including barcode readers, weigh scales, various sensors and RTUs. The introduction of a self-describing and generic development framework and scripting engine gives the writer flexible control over managing driver aspects like basic communication types as well as build and parse messaging.

Users need a basic knowledge of Javascript, Ethernet based protocols, the protocol manual, and the device to get started. OPC and other proprietary client interface technologies are handled within Kepware, simplifying client-side communications.

リソース

パフォーマンス

  • Support for solicited (request-response) TCP Profiles
  • 1024 total channels - one device per channel

ご利用いただける言語

  • 英語

リリース ノート

6.12.325

2022/06/23

  • Added support for UDP protocol in client mode. See help documentation for more information on how to develop UDP profiles.
  • Added support for UDP server mode. See help documentation for more information on how to develop UDP profiles.
  • Fixed an issue that could cause data loss in rare cases.
  • Fixed a timing issue that could cause the user profile to receive an empty tag request when adjusting the Scan Rate of an active tag.
  • Removed a redundant network adapter setting from the configuration. The network adapter selection is now available only in channel settings.
  • Updated third-party components.

6.11.764.0

2022/05/16

  • Updated third-party components.

6.1.601.0

2017/04/04

  • write checksum コマンドがプロジェクトの読み込み時にタイプを変更する問題を修正しました。

6.1.601.0

2017/04/04

  • write checksum コマンドがプロジェクトの読み込み時にタイプを変更する問題を修正しました。

Protocol Requirements

In order to create a profile, you must first obtain protocol documentation from the device manufacturer. Many hardware vendors will provide the protocol documentation with the device or will post it as a PDF on their website.

Installing UDD adds three new components to the Kepware server: Profile Library Plugin, Universal Device Driver and the Script Engine Service.

サンプル U-CON プロファイル

免責条項

すべてのサンプル コードは Kepware および貢献者によって "現状のまま" 配布されたものであり、商品性および特定目的との適合性の黙示保証を含む (ただし必ずしもこれらに限定されない) 明示または黙示の保証をすることなく提供するものです。いかなる場合も、Kepware または貢献者は、いかなる直接的損害、間接的損害、付随的損害、特別損害、懲罰的損害、結果的損害 (商品またはサービスの代替品の調達費負担、効用、データ、利益の損失、あるいは事業中断を含むが、必ずしもこれらに限定されない) に対しても、たとえそれがいかなる原因または責務の理論に基づくとしても、契約の記述、厳格責任、または不法行為 (過失およびそれ以外の場合も含む) のあるなしを問わず、損害が生じる可能性について報告を受けていたとしても、本ソフトウェアの使用が原因で発生する損害に関し一切の責任を負わないものとします。Kepware は、そのソフトウェア、情報、または支援が利用されている状況において、エンジニアリングに関連した過失や怠慢が発生した場合、それらの一切に対する責任を否認します。サンプル コードまたはアプリケーション開発に関する質問は、製品サポートではなくアプリケーション支援に分類されます。お客様は、サンプル コードをダウンロートして使用することにより、この免責条項に規定されている条件に目を通し、それらを理解したうえで同意したものとみなされます。