読み込み中...

Weatherford 8500

ライセンス最低価格: $1410.00
Download Free Demo

製品の概要

Weatherford 8500 ドライバーは、坑口設備で使用されるロッド ポンプ コントローラ (RPC) デバイスやその他の Weatherford コントローラを対象としたリアルタイム データの監視と即時制御を可能にします。このドライバーは、Weatherford 8500 プロトコルを使用し、クライアント アプリケーション (HMI、SCADA、ヒストリアン、MES、ERP、数々のカスタム アプリケーションなど) を介して Weatherford シリーズ デバイスに対しデータの読み取りと書き込みを行うための、簡単で信頼性の高い手段となります。

リソース

パフォーマンス

  • 最大 256 個の通信チャネルと最大 4095 台のデバイス / コントローラをサポート
  • Downhole Dynagraph データの取得をサポート
  • イベント ディレクトリ検索をサポート
  • 露天採掘および坑井カード検索をサポート
  • バルブ チェック データ アイテム構文をサポート
  • 詳細統計タグ (_CommFailures、_ErrorResponses など) をサポート
  • 過酷な条件 (ノイズの多い通信チャネルや低帯域幅) 向けに最適化
  • イーサネット カプセル化
  • モデム サポート
  • 自動タグ生成
  • デバイスの自動格下げ
  • チャネル仮想化 / シリアル化
  • デバイス レベルおよび通信パス ベースの冗長性
  • 通信シリアル化

プロトコル

  • Weatherford 8500 Protocol

サポート対象デバイス

  • 8500/8650
  • 8750
  • 8800
  • ePIC RPC
  • M2000
  • WellPilot RPOC
  • WellPilot/ePIC VSD

ご利用いただける言語

  • 英語

アプリケーション サポート

  • DDE Format CF_Text and AdvancedDDE
  • NIO Interface for iFIX
  • OPC .NET Service (OPC .NET) Version 1.00
  • OPC Alarms and Events (OPC AE) Version 1.10
  • OPC Data Access (OPC DA) Versions 1.0a, 2.0, 2.05a, and 3.0
  • OPC Unified Architecture (OPC UA) Clients
  • SuiteLink and FastDDE for Wonderware

リリース ノート

6.10.623.0

2021/02/23

  • Removed non-inclusive terms out of respect for users of our software.

6.9.572.0

2020/06/02

  • Fixed an issue where the Request Timeout was incorrectly used instead of the Connect Timeout when the driver was not connected.

6.7.1046.0

2019/06/18

  • Expanded the Connect Attempts feature introduced for Ethernet Encapsulation in the 6.6.348.0 release to honor the connection timeout when not connected. 

6.6.348.0

2018/11/14

  • 接続の最大試行回数を指定する「接続の試行回数」を追加しました。この新しい設定は、接続タイプが「イーサネット カプセル化」の場合に、デバイスのプロパティの「タイミング」グループで指定できます。

6.1.601.0

2017/04/04

  • チャネル制限が 256 から 1024 に増加しました。

5.20.396.0

2016/05/03

  • Added the ability to format Date and Time values as ACSII numeric strings.

5.19.467.0

2015/10/20

  • Added support for Advanced Statistics Tags, including _CommFailures, _ErrorResponses, and more.
  • Enhanced the driver to allow the RTU P619 value to be queried prior to a Dynagraph request. The result of this request determines the “position inclusion and type character” parameter when building the Dynagraph transaction.

5.10.205

2012/11/13

Updated the driver with the new Connection Sharing feature.

5.9.170

2012/06/26

Added the new device-level internal tag "_FailedConnection" that indicates the driver failed on its attempt to connect to the device.

5.8.109.0

2012/02/21

Fixed a Communication Serialization bug that prevented the driver from releasing communication control when there were many memory and/or Write Only tags with scan rates.

5.7.84.0

2011/10/24

  • Added channel serialization.
  • Added support for the following models: EPIC, M2000, WellPilot Classic, 8800, 8750, 8650, and 8500.
  • Added Inter-Device Delay

5.6.122.0

2011/07/25

  • New serial driver that allows the 8500 Protocol to communicate with Weatherford model 8500 RPOC controllers. Ethernet Encapsulation is supported.

注目のスイート