読み込み中...

ThingWorx ネイティブインタフェース

KEPServerEX に付属。購入は不要。
Download Free Demo

製品の概要

ThingWorx ネイティブ インタフェースでは、ThingWorx® の産業イノベーション用プラットフォームに KEPServerEX がシームレスかつ安全に統合されているため、ユーザーは、一元化されたカスタマイズ可能な産業用モノのインターネット (IoT) ソリューションを利用できます。

柔軟性、カスタマイズ性、操作性に優れた ThingWorx は、業界トップクラスの IoT アプリケーション向け開発プラットフォームです。KEPServerEX と ThingWorx はどちらも多様な製造環境に適応し、さまざまなソリューションと連携するため、さまざまな業界の独自のニーズに対応できます。

ThingWorx ネイティブ インタフェースは構成が最小限で済み、KEPServerEX で得られた産業データを直接 ThingWorx に取り込むことができます。KEPServerEX の全データをすぐに ThingWorx Composer で参照できるようになるため、接続されたあらゆるモノのタグを簡単に管理できるほか、データを視覚化して解析したり、ほかのシステムでイベントを開始したりできます。

ThingWorx ネイティブ インタフェースは、10 分未満で導入できるため、IoT アプリケーションの価値をきわめて迅速に具現化できます。

リソース

パフォーマンス

ThingWorx ネイティブ インタフェースは、非常に高い効率性と柔軟性を誇るスマートな統合型製造インタフェースで、次のような機能を備えています。

  • コードを記述しなくても広範なデバイスにマッピング可能: 産業用デバイスへの接続を構成して KEPServerEX タグを ThingModel にシームレスにマッピングし、ThingWorx プラットフォームから直接マッピングを管理、表示できます。
  • データにアクセスしてリアルタイムで解析可能: KEPServerEX が対応しているあらゆるデバイスで、KEPServerEX のリアルタイムの産業データをモデリング、解析、視覚化したり、迅速かつ簡単に必要なデータを検索、利用したりできます。
  • ThingWorx によるリモートからのプロジェクトの読み込み: KEPServerEX プロジェクトをリモートから簡単に展開できるとともに、単一の ThingWorx プラットフォーム インタフェースでネットワーク設定の編集や、すべての KEPServerEX インスタンスの構成、管理が可能です。
  • 拡張現実と機械学習の統合の強化: 拡張現実 (AR) 環境や機械学習モデル、マッシュアップなどの ThingWorx ツールで、産業データを迅速かつ簡単に検索、利用できます。ユーザーは ThingWorx Composer 内で、すべてのリアルタイムの KEPServerEX データにアクセスできるほか、ThingModel で新規または既存のモノにデータを手早く関連付けたり、ThingWorx プラットフォームでマッピングや重要な診断情報を表示したりできます。
  • データの文脈付けの強化: KEPServerEX データと ThingModel を利用すれば、ThingWorx の高度な解析およびシミュレーション ツールにアクセスしたり、ワークフローを調整したり、マッシュアップを作成したり、AR 環境で作業を支援したりできます。

リリース ノート

6.5.829.0

2018/06/19

  • Fixed an issue where a configuration transfer (push or pull) between the server and the ThingWorx platform failed due to the reliance on a blank password for the server's Administrator user account.
  • Added a new user group in the User Manager called “ThingWorx Interface User” that is dedicated to the ThingWorx platform connection and allows for configuring the platform's permissions to access the server's object properties.
  • Added a new user in User Manager called “ThingWorx Interface” that is dedicated to the ThingWorx platform connection.
  • Enhanced the error reporting associated with configuration transfers to provide more information to help with troubleshooting.
  • Added a new Store and Forward mode called “On Hold” to forward only the latest property updates to the ThingWorx platform after recovering from a disconnect. This new mode allows ThingWorx applications that are actively monitoring production to get the freshest data available on reconnect.
  • Forwarding stored property updates that were collected while in "On Hold" mode can be triggered by changing the mode from “On Hold” to “Active”.
  • Added “_ForwardMode” system tag to control changing the Forward Mode (On Hold, Active). This allows configuring (and scheduling via user defined script) the mode from the ThingWorx platform.
  • Updates for Diagnostic Properties are no longer stored when the server is disconnected from the ThingWorx platform. This change is to ensure that the latest diagnostics updates can always be provided to the platform upon reconnect while Store and Forward is enabled. If these properties need to be stored, then it is recommended that the platform reference the server's matching system tags to the Diagnostic Properties (Note: Diagnostic Properties are available on the ThingWorx platform via the Industrial Gateway Thing).
  • Added support for the following Store and Forward system tags:
    • _StoreAndForwardEnabled
    • _StoreAndForwardEnabledStatus
    • _DatastoreCurrentSizeMB
    • _DatastoreRemainingSpaceMB
    • _DatastoreUseableDiskSpaceMB
    • _DatastoreAttachError
    • _DroppedUpdates
    • _ForwardMode
    • _ForwardModeStatus

製造のユース ケース

ある世界的な自動車部品メーカーは、機器の非稼動時間を短縮して製品品質を改善し、問題を予防できるように製造システムを動的に視覚化できる方法を模索していました。

このメーカーは、KEPServerEX ThingWorx ネイティブ インタフェースを使用して KEPServerEX データと ThingWorx を接続し、一元化された IoT ソリューションを利用して全社規模でデバイスとクラウド間の接続を強化しました。

このケースでは、KEPServerEX によって CNC マシンのデータを収集してリアルタイムで ThingWorx にストリーミングすることで、個々のコンポーネントから全体像まで、データを明確に視覚化し、製造現場のパフォーマンスを瞬時に解析しています。ThingWorx では、KEPServerEX のデータを活用して稼動時間のデータを解析し、傾向を見つけ出したり、非稼動時間を回避したりできます。アセットやリソースの割り当てに関する分析データが充実したことで、この製造メーカーは企業全体の生産性や効率性に関する意思決定を下す際に、十分な量の情報を生かせるようになりました。
 

このユース ケースの詳細: HIROTEC AMERICA 社のケース スタディ


KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

各機能は、KEPServerEX の統合型ソフトウェア コンポーネントであり、追加の中核的サーバー機能を提供します。機能は KEPServerEX ライセンスの購入によって利用可能になり、いつでも導入できます。

ご購入に関する情報

ThingWorx Native Interface

KEPServerEX に付属。購入は不要。