読み込み中...

EFM Suite

詳細については、ご購入に関する情報をご覧ください
Download Free Demo

製品の概要

多くのフロー コンピュータやデバイスは、配分と管理輸送に使用される電子流量測定 (EFM) 履歴データを保存します。EFM Suite for KEPServerEX は、EFM ドライバーと EFM Exporter for KEPServerEX で構成されています。EFM Exporter は、EFM ドライバーと連動して、フロー コンピュータや RTU からの EFM データの取得をスケジュールし、FLOWCAL や PGAS などの業界の標準形式と、CSV や SQL などのカスタマイズ可能な形式にエクスポートします。すべてのドライバーは、HMI、SCADA、ヒストリアン、IoT アプリケーション (Splunk など) といった OPC 対応アプリケーションのリアルタイム データをサポートしています。

EFM ドライバーは、フロー コンピュータ、デバイス、メーターからリアルタイムの EFM データを収集します。EFM Exporter プラグインは、フロー解析ソフトウェアへのアップロード用に定義済みの EFM パラメータに属性をマップします。このソリューションでは、気体と液体の両方の EFM データを扱うことができ、両方の用途での操作性は同じです。

リソース

パフォーマンス

気体と液体の両方の EFM でサポートされる機能:

  • EFM デバイスのシミュレーション データを生成するための無料の EFM Simulator ドライバー
  • EFM データの自動ポーリングをスケジュール設定し、特定のポーリング時間を指定 (毎時 15 分、1 時間ごとなど)
  • タグへの書き込みにより、オンデマンドでポーリングをトリガ
  • アラームとイベントに加えて、1 日ごとおよび 1 時間ごとの履歴データを収集
  • ネットワーク パスやワイルド カードのサポートを含め、エクスポートしたファイルの名前と場所を管理
  • 契約時間によるファイルの整理のサポートを含め、エクスポートされたデータを記録時間ごとに整理
  • 1 つのメーターのデータを複数のサポート対象エクスポート フォーマットにマッピング
  • 構成を CSV にインポート / エクスポートし、Excel でプロジェクトを設定
  • EFM データをカスタム CSV ファイルにエクスポート
  • ODBC を使用して EFM データを SQL データベースにエクスポート

気体 EFM に固有の機能:

  • FLOWCAL CFX ファイル (V5 フォーマット)、履歴タイプ 1 ~ 4 をサポート
  • FLOWCAL トランザクション キュー、履歴タイプ 1 ~ 4 をサポート
  • PGAS V8 へのエクスポートをサポート
  • ABB Totalflow、Enron Modbus、Fisher ROC および ROC Plus、OMNI Flow Computer のドライバーをサポート

液体 EFM に固有の機能:

  • FLOWCAL CFX (V7 フォーマット)、履歴タイプ 11 ~ 13 をサポート
  • ABB Totalflow、Fisher ROC Plus、OMNI Flow Computer のドライバーをサポート

ご利用いただける言語

  • 英語

ドキュメント

サポート対象の EFM ソフトウェア ソリューション

  • FLOWCAL (気体については CFX V5 フォーマット、液体については CFX V7 フォーマット)
  • Quorum PGAS V8
  • .CSV
  • SQL データベース (ODBC)

スイートとは?

KEPServerEX は、単なる OPC サーバーを超えた、産業オートメーションと IoT のための接続プラットフォームです。KEPServerEX をダウンロードし、150 を超えるデバイス ドライバー、クライアント ドライバー、アドバンスト プラグインを含む Kepware のライブラリから、御社の産業用制御システムに固有の通信要件を満たすものを選択するだけです。

スイートとは、KEPServerEX 向けのドライバーとアドバンスト プラグインのコレクションです。これらの製品は、お客様の便宜を図り、垂直業界別、デバイスのメーカー別、または業界での用途別に、スイートとしてバンドルされています。

追加のスイートのライセンスについては、接続のニーズの拡大に応じて適宜取得することができます。