読み込み中...

ライセンス

お問い合わせ月曜日~金曜日の 8:00 ~ 17:00 (米国東部標準時) は、Kepware の担当者が対応させていただきます。+1 888-KEPWARE にお電話いただくか、情報リクエスト フォームに必要事項をご入力のうえ送信してください。

情報リクエスト フォームに入力

Kepware ソフトウェア ライセンスの管理

このページでは、すべての Kepware 製品のライセンス関連の手続きを紹介しています。

ライセンスのトラブルシューティング

次のトピックの中から選択してください

How do I lookup the Activation ID / License number?
Please use the following steps to lookup your license activation ID:
 

1. Login to the My Kepware portal: Click Here

2. Copy and paste the activation ID in question into the "License Information" text field and select Look Up as shown below:

License-Information-with-Fake-ID-(1).png

3. You will then see the following information:

  A) The activation ID you searched License Name
  B) The Deployment Status of that activation ID
  C) The Product Description of that activation ID
  D) The Emergency ID associated with that activation ID (Good for 7 days in Emergency situations)
  E) The Upgraded To filed which indicates if you are looking at an old V5 license or a new V5/V6 compatible license

  • V5 = Upgraded To: (new activation ID will be listed)
  • V5/V6 = Upgrade To: (will be blank)
  F) The Eligible Version of the activation ID

  G) The Support and Maintenance field which is equal to the "Support End Date" in the KEPServerEX License Utility

V5/V6 compatible ID example:

V6 Compatible License Lookup.png

V5 ID Example:

License-Information-display-Fake-ID-V5.png

What is a License Transfer?
It is a common misunderstanding that you can create a "transfer_request" file on 'Machine A', and then import that "transfer_request" file on 'Machine B'. This is incorrect, and here is why:

The scenario described above is actually a two step process which first requires the customer to return the "transfer_request" file to the My Kepware portal. Once that file has been successfully uploaded the license is considered as "banked".  A "banked" license can be used again at the customer's leisure, it DOES NOT have to be redeployed immediately. (Think of the License Transfer as more of a 'return' than a transfer)  

The second step of the process is to "activate" the license as if it were a brand new license being used for the first time using the same 36 character activation ID.  
 
What is the "Time Limited Features" pop-up for?
The new Time Limited Features pop-up notification in version 6 has changed from the traditional Demo Mode in version 5.  The change was designed to provide customers with the ability to test an unlicensed component without causing the entire project to go into Demo / Time Limited mode.

Previously in version 5, any unlicensed component that was configured in your project would invoke Demo Mode for every component within that project.  We realized that we weren't giving customers the oppurtunity to test different components if they only had one machine to work with.

In version 6 users have the ability to test unlicensed components WITHOUT causing the entire project to go into Time Limited Features mode.

The following screenshot highlights the three "._System" tags that contain the information needed to diagnose which components are running in "Time Limited Mode".  Specifically, the "._System._TimeLimitedFeatures" tag contains the name of the unlicensed component being used, as well as the amount of time (in seconds) remaining until the component has run out of time and therefore populates the "._System._ExpiredFeatures" tag.

V6-Time-Limited-Features.png
In this scenario, the Allen Bradley ControlLogix Ethernet component has 6,040 seconds remaining until it times out and populates the "Expired Features" tag as the Alarms & Events and SNMP Plug-ins have.
What's that warning at the bottom of the License Utility?
If you are running KEPServerEX V6 then you may have the ability to "Perform License Operations Online When Possible"

When you open the License Utility a Checkbox will be present at the bottom as shown below:

License Utility Online Checkbox

Sometimes you will not see that message and instead you will see the following in Red:

"Online Licensing Operations are not possible at this time due to missing OS components"

What this means is either the OS does not have the latest updated security files needed to authenticate with our server, or they are incompatible with our server.  It DOES NOT  mean that you cannot still license your software, it simply means you will need to use the Offline Activation Process.

 
I just renewed my support agreement and KEPServerEX is still running in Time Limited Mode
When a license renewal agreement has been processed, if a V5/V6 compatible ID has already been created, you WILL NOT be getting a new, or additional "support and maintenance ID".

With the release of version 6, the "support and maintenance ID" was discontinued and replaced by the "Support Renewal File".  Once that file has been imported, the Support End Date will update and be properly reflected in the License Utility.

The Support End Date is primarily used to determine version eligibility. Failure to update the KEPServerEX V6 License Utility with the latest "Support Renewal File" will cause unexpected Time Limited Mode pop-ups for any versions of KEPServerEX V6 released after the outdated Support End Date.

Please see the Support Renewal Process drop-down in the KEPServerEX V6 section below.
新規 ID をアクティブ化しようとするとエラーが表示される
ライセンスの「サポートおよびメンテナンス契約」を最近更新し、以前に V5 / V6 互換型のライセンス認証 ID を未生成の場合、当該 ID が生成されます。  ただし、この新しい ID は新規ライセンスではなく、バージョン 6 と互換するための単なるアップグレード ID にすぎません。  そのため、差し替え対象となる元の ID が「License Transfer」機能経由で MyKepware ポータルに返却されるまで、この新規ライセンス認証 ID は使用できません。

元の ID が返却されると、新しい V5 / V6 互換型のライセンス認証 ID を使用できます。元のライセンス認証 ID を返却する方法については、上記「KEPServerEX V5」 セクションの「Transferring a License」ドロップダウンを確認してください。
サポート終了日が正しくない
「サポート終了日」はバージョンの適格性を判断するために使用されます。「サポート終了日」がライセンス ユーティリティに適切に反映されていない場合、予期しない「Time Limted Features」ポップアップが表示されることになります。

この問題を解決するには、このページの最上部にある KEPServerEX V6 セクション内の「更新サポート」の指示に従ってください

KEPServerEX V6

ライセンスの認証と転送の詳細な手順や、ライセンスのアップグレード、サポートおよびメンテナンスの更新、ライセンスに関するトラブルシューティングの詳細については、ライセンス ユーティリティのヘルプ ファイルを参照してください。

ライセンスの認証

オンラインまたはオフラインの 1 回のトランザクションで、KEPServerEX バージョン 6 のライセンスを 1 つでも複数でも認証できます。こちらのビデオで、6 分間のデモをご覧いただけます。

オンラインでのライセンス認証

  1. まず、ライセンスを供与するマシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
  2. 次に、V6 のライセンス認証 ID をライセンス ユーティリティにコピー アンド ペーストします。複数のライセンスを一度に認証する場合は、1 行に 1 つのライセンス認証 ID を入力します。最大で 100 件のライセンス認証を一度に実行できます。
  3. アカウントのユーザー名とパスワードを入力します。
  4. 「次へ」をクリックします。ライセンス サーバーと通信して、ライセンス認証が実行されます。
  5. ライセンス認証が正常に完了すると、該当するライセンス認証 ID のステータスが「良好」になります。

オフラインでのライセンス認証

  1. まず、ホスト マシン上で「ライセンス ユーティリティ」を開きます。
    • システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ライセンス ユーティリティ」を選択します。
V6-offline-Admin-Utility-system-tray.gif
  • または
    • All Programs / Kepware / KEPServerEX 6 / License / License Utility
​​V6-offline-Admin-Menu-All-Programs-(Time-0_00_29;00).gif
  • または
    • 「スタートメニュー」および「タスクバー」オプションを使用できない場合
      • "C:\Program Files (x86)\Kepware\KEPServerEX 6\activationclient.exe"
2. 注意: インストール処理中にオプションを選択すると、「ライセンス ユーティリティ」へのアクセスがパスワードで保護される場合があります。

V6-offline-Admin-Menu-Security.gif

3.「Perform Licensing Operations Online When Possible」オプションを選択していないことを確認して、「Activate」を選択します

V6-offline-License-Utility-step-3.gif


4.「1 つ以上のソフトウェア ライセンス認証 ID を所持」を選択します

V6-offline-Step-4-One-or-more-software-activation-IDs.gif

5.注文処理に関する電子メール内のライセンス認証 IDを探します(下記に例示)。

V6-offline-fulfillment-email-(2).gif

注記: 緊急 ID は営業時間外にサーバー機能を回復するためのものであり、アクティブ化から 1 週間後に期限が切れます

6.「ライセンス認証 ID」をコピーしてテキスト ボックス フィールドに貼り付けます。次に「ファイルに保存」をクリックします。ステップ 11 で「ファイルをインポート」ボタンを使用するので、このスクリーンを開いたままにしておくと便利です

V6-offline-Step-x-Import-File.gif

注記: 「(オプション)」フィールドは、テクニカル サポート担当者が紛失したライセンスを検出する際に役立つので、情報の登録を強く推奨します

7.ライセンス ユーティリティによって要求ファイル (“activation_request.txt”) が生成され、ファイル選択 ダイアログが表示されます。要求ファイルを保存します。次のステップで My Kepware ポータルに送信するので、場所を控えておいてください。

V6-offline-Step-7-Activation-request-file-browse-save-(1).gif

注記: ライセンス認証要求ファイルのデフォルト ファイル名は “activation_request.txt” です。必要であれば、ライセンス管理しやすいようにファイル名を変更できます。とくに、一度に複数の製品のライセンスを認証する場合はファイル名を変更すると便利です。

8.  インターネット ブラウザで、https://mykepware.com の My Kepware ポータルに移動します。このポータルを以前に利用したことのある場合は、ログイン情報を入力してください。初めて利用する場合は、My Kepware アカウントを新規作成する必要があります。

注記: Microsoft Edge ブラウザはこの処理で互換性の問題が発生すると報告されているため、別のブラウザの使用を推奨します

9.ログイン後、「Activate Product License」を選択します

V6-offline-Step-9-Activate-Product-License-My-Kepware-portal-(2).gif

10.ここで「Upload Activation Request File」を選択します
V6-offline-Step-10-Upload-Request-file-My-Kepware-portal-(1).gif

11.  フォームの入力必須フィールドをすべて記入した後に、「Generate Activation Response File」をクリックします。ライセンス認証応答ファイル ("response.txt") をポータブル メディアに保存します。

V6-offline-activation-step-11-(3).gif

注記: ライセンス認証応答ファイルのデフォルト ファイル名は “activation_response.txt” です。必要であれば、ライセンス管理しやすいようにファイル名を変更できます。とくに、一度に複数の製品のライセンスを認証する場合はファイル名を変更すると便利です。

12.次に、ライセンス ユーティリティに戻ります。「ファイルをインポート」をクリックして、My Kepware ポータルから受信したダウンロード済みの “activation_response” ファイルを探し、「開く」をクリックします。

V6-offline-Step-12_A-Import-File.gif

V6-offline-Step-12-B-Generic-File-Path-response-file-location.gif
注記: この時点で応答ファイルは処理済みになります。

13.KEPServerEX 内でのライセンス認証に成功すると「ライセンス認証の完了」スクリーンが表示されます

V6-offline-Step-13-Activation-Complete.GIF

14.「閉じる」をクリックして終了するか、「次へ」をクリックして「ライセンスの表示」ページを開きます。

V6-offline-Step-14-Activation-Verfication.GIF

15.「終了」をクリックしてライセンス ユーティリティを終了します。
License Activation Process (Online)

Online License Activation Process for KEPServerEX V6

 
  1. To start, open the License Utility on the host machine.
    • Right-click on the KEPServerEX icon located in the System Tray and then select License Utility.
​​V6-offline-Admin-Utility-system-tray.gif
  • Or
    • All Programs / Kepware / KEPServerEX 6 / License / License Utility
How-to-access-the-License-Utility.png
  • Or
    • If the Start Menu and Taskbar options are not available
      • "C:\Program Files (x86)\Kepware\KEPServerEX 6\activationclient.exe"
2. Caution: Access to the License Utility may be password protected if the option was chosen during the install process.

V6-offline-Admin-Menu-Security.gif

3. Verify the “Perform Licensing Operations Online When Possible” option is selected, and then select Activate

V6-Online-Activation-step-3-select-option.JPG


4. Next, copy and paste the V6 Activation ID(s) into the License Utility.

Note:To activate multiple licenses at once, enter one Activation ID per line. A maximum of 100 activations can be performed in a single transaction.

Then, enter the user name and password for the My Kepware account being used to deploy the license.

V6-Offline-Activation-Step-4.png

5. Click Next to activate. The License Utility will communicate with the license server to perform the license activation.  

V6-Online-Activation-Step-5-(1).png

6. Upon successful activation, the Activation ID(s) will show Good status in the License Utility.

V6-Online-Activation-Step-6.png
Support Renewal Process (Offline)

Renewing Offline 

Before you start this proces copy your support renewal file to the machine hosting KEPServerEX. You can download your support renewal file from your support verification email or at My Kepware.
  1. Login to the My Kepware portal and select Download Support Renewal File link
renew-support-2.png

        2. Enter the License Activation ID into the text field and select Download Support Renewal File

renew-support-3-(1).png
               (Note - The file will automatically be downloaded to the My Downlaods folder)
       
        3. Open the License Utility on the host machine.

Two Options:
  • Right-click on the KEPServerEX icon located in the System Tray and then select License Utility.  
  • V6-offline-Admin-Utility-system-tray.gif
  • Or
    • All Programs / Kepware / KEPServerEX 6 / License / License Utility
​​How-to-access-the-License-Utility-(1).png
  • Or
    • If the Start Menu and Taskbar options are not available
      • "C:\Program Files (x86)\Kepware\KEPServerEX 6\activationclient.exe"
        4. Caution: Access to the License Utility may be password protected if the option was chosen during the install process.

V6-offline-Admin-Menu-Security.gif

        5. Ensure Perform licensing operations online when possible is not checked and click Renew

renew-support-4.png

        6. Select Import File

renew-support-5.png

        7. Select the .lic file saved to portable media in step 2 and click Open.

renew-support-6.png

        8. The support end date will now display the updated date.

renew-support-7.png

 
サポートの更新

こちらの手順を完了する前に、サポートを購入し、対応する確認メールを受信してください。こちらのビデオで、3 分間のデモをご覧いただけます。

オンラインでの更新

  1. まず、サポート購入対象のマシンでライセンス ユーティリティを開きます。
  2. 更新」をクリックし、「ユーザー名」フィールドと「パスワード」フィールドにユーザー認証情報を入力します。
  3. 更新」をクリックすると、ライセンス ユーティリティによって、サーバー上でライセンス対象となっている製品に関連付けられた最新のサポート終了日がチェックされます。
  4. サポート終了日の日付が更新されます。

オフラインでの更新

  1. まず、サポート更新ファイルを、KEPServerEX をホスティングするマシンにコピーします。サポート更新ファイルは、サポート確認メールまたは My Kepware からダウンロードできます。
  2. サポート購入対象のマシンでライセンス ユーティリティを開きます。
  3. 可能な場合はライセンス操作をオンラインで実行」チェックボックスが選択されてないことを確認します。
  4. 更新」をクリックしてから、「ファイルをインポート」を選択します。
  5. 手順 1 でポータブル メディアに保存した .lic ファイルを選択して「開く」をクリックします。
  6. サポート終了日の日付が更新されます。
ライセンスの転送

オンラインまたはオフラインの 1 回のトランザクションで、KEPServerEX バージョン 6 のライセンスを 1 つでも複数でも転送できます。

オンラインでの転送

  1. ライセンス認証 ID の転送元のマシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
  2. 返却するライセンス認証 ID を選択し (複数選択可能)、「転送」をクリックします。
  3. 「ユーザー名」フィールドと「パスワード」フィールドにユーザー資格証明情報を入力します。
  4. 「次へ」をクリックして転送を開始します。ステータス画面に転送要求ステータスが表示されます。エラーまたは警告があれば、それらも表示されます。
  5. 転送が完了したら、「次へ」をクリックしてホーム画面に戻ります。

    注記: この時点で、ライセンスはオンライン アカウントに保存され、別のマシン上で転送された製品のライセンス認証を行えるようになります。

オフラインでの転送

  1. ライセンス認証 ID の転送元のマシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
  2. 返却するライセンス認証 ID を選択し (複数選択可能)、「転送」をクリックします。
  3. そのマシン上のライセンスの認証を解除するため、「ファイルに保存…」をクリックします。新しいマシンでライセンス認証を行う前に、ライセンスを my.kepware.com に転送する必要があることを知らせる警告が表示されます。「OK」をクリックします。
  4. ファイル選択ダイアログで、要求ファイル ("transfer_request.txt") をポータブル メディアに保存します。
  5. My Kepware に移動し、転送要求ファイルをアップロードして製品を転送します。

    注記: この時点で、ライセンスはオンライン アカウントに保存され、別のマシン上で転送された製品のライセンス認証を行えるようになります。
Transferring a License (Online)

Transfer one or more KEPServerEX Version 6 licenses in a single transaction online or offline.

Transferring Online

  1. To start, open the License Utility on the host machine from which the Activation ID(s) will be transferred.
    • Right-click on the KEPServerEX icon located in the System Tray and then select License Utility.
V6-offline-Admin-Utility-system-tray.gif
  • Or
    • All Programs / Kepware / KEPServerEX 6 / License / License Utility
​​How-to-access-the-License-Utility.png
  • Or
    • If the Start Menu and Taskbar options are not available
      • "C:\Program Files (x86)\Kepware\KEPServerEX 6\activationclient.exe"

2. Caution: Access to the License Utility may be password protected if the option was chosen during the install process.

V6-offline-Admin-Menu-Security.gif

3. Select the Activation ID(s) to be returned and then click Transfer.

V6-online-transfer-step-3.png

4. Enter user credentials in the User Name and Password fields.

V6-online-transfer-step-4.png

5. Click Next to begin the transfer. A pop-up will appear cautioning the user that they are about to remove the license from the local machine, click OK. 

V6-online-transfer-step-5-warning.png

6. A status screen will display the transfer request status as well as any errors or warnings.

V6-online-transfer-step-6.png

Once complete, click Next to return to the License Utility Home Screen which will now be absent of your License Activation ID which has just been transferred.

7. To verify the License has been successfully returned, click the "View My Activation History"  link on the home page of the My Kepware portal and locate the Activation ID you just returned.  It will now show as "Banked" in the "Last Status" column.

V6-Online-Transfer-Activation-History.png

Note: At this point, the license has been successfully stored in the online account and the transferred product is now available for activation on another machine.

バージョン 5 からバージョン 6 へのアップグレード

ソフトウェア ライセンス認証 ID を使用した V5.X から V6.X へのアップグレード (インターネット アクセスあり)

  1. ライセンス ユーティリティを使用して、V5 のライセンス認証 ID を取得します。
  2. mykepware.com でライセンス認証 ID をバージョン 5 からバージョン 6 にアップグレードします。
  3. ライセンス ユーティリティを使用して、V5.x のライセンスをマシンから転送します。これにより、2 時間の時間制限モードが開始されます。後続のステップも迅速に完了させてください。
    注記: このプロセスは、同じマシン上の KEPServerEX をアップグレードするために有効です。別のマシンをアクティブ化するには、mykepware.com を使用して V5 ライセンスを転送する必要があります。これにより、2 時間の時間制限モードが開始されます。
  4. mykepware.com から V6 のライセンス認証 ID をコピーし、ライセンス ユーティリティに貼り付けます。
  5. ライセンス ユーティリティを使用して、1 つまたは複数のライセンスを認証します。
  6. ライセンス ユーティリティで、新しいライセンス認証 ID のステータスが「良好」と表示されているはずです。
  7. V6 の実行ファイルをダウンロードして、KEPServerEX の最新バージョンにアップグレードします。

ソフトウェア ライセンス認証 ID を使用した V5.X から V6.X へのアップグレード (インターネット アクセスなし)

  1. ライセンス ユーティリティを使用して、V5 のライセンス認証 ID を取得します。
  2. mykepware.com でライセンス認証 ID をバージョン 5 からバージョン 6 にアップグレードします。
  3. 新しい V6 のライセンス認証 ID をポータブル メディアに保存します。
  4. ライセンス ユーティリティを使用して、V5.x のライセンスをマシンから転送します。これにより、2 時間の時間制限モードが開始されます。後続のステップも迅速に完了させてください。
    注記: このプロセスは、同じマシン上の KEPServerEX をアップグレードするために有効です。別のマシンをアクティブ化するには、mykepware.com を使用して V5 ライセンスを転送する必要があります。これにより、2 時間の時間制限モードが開始されます。
  5. ライセンスを付与するマシン上のライセンス ユーティリティで新しい V6 ライセンス認証 ID を使用して、ライセンス認証要求ファイルを生成します。
  6. ライセンス認証要求ファイルをポータブル メディアに保存し、mykepware.com に戻ります。
  7. ライセンス認証要求ファイルを使用して、mykepware.com で製品のライセンスを認証します。
  8. ライセンス認証応答ファイルをポータブル メディアに保存します。
  9. ライセンス対象のマシンで、ライセンス ユーティリティのライセンス認証応答ファイルをインポートします。
  10. ライセンス ユーティリティで、新しいライセンス認証 ID のステータスが「良好」と表示されているはずです。
  11. V6 の実行ファイルをダウンロードして、KEPServerEX の最新バージョンにアップグレードします。

ハードウェア キーを使用した V5.X から V6.X へのアップグレード

  1. ライセンス ユーティリティフレックス ID を記録します。
  2. そのフレックス ID を使用して、mykepware.com でハードウェア キーをアップグレードします。
  3. ハードウェア キーのライセンス ファイルを保存します。インターネットにアクセスできない環境の場合は、ポータブル メディアに保存します。
  4. ハードウェア キーのライセンス ファイルを使用して、ライセンス ユーティリティの新しいライセンスを認証します。
ライセンス ユーティリティで、ハードウェア キーのライセンスのステータスが「証明書」と表示されているはずです。
緊急対応ライセンス

購入した各ライセンス認証 ID には緊急対応ライセンス認証 ID が付属しています。これは、通常の営業時間外にマシンやシステムに障害が発生した場合に使用するためのものです。緊急対応ライセンスの認証は、ターゲット マシンから My Kepware ライセンス処理用 Web サイトを通じて行います。このライセンスによって製品を 7 日間実行できます。緊急対応ライセンス認証 ID は、一度だけ使用できるライセンスです。緊急対応ライセンス認証が必要な製品ごとに、1 つのライセンスを使用する必要があります。緊急対応ライセンスを使用した後、テクニカル サポートに連絡し、恒久的ライセンスの使用を再開する方法をご相談ください。

緊急対応ライセンス認証の詳細については、ライセンス ユーティリティのヘルプ ファイルを参照してください。

ハードウェア キー証明書の管理

ハードウェア キー証明書は、1 つの一意のハードウェア キー ID とライセンス認証済み製品のリストを含むデジタル署名済みファイルです。各ハードウェア キー証明書を多数のホスト マシンにインポートできますが、ハードウェア キー証明書に関連付けられた物理的なハードウェア キーを接続できるマシンは一度に 1 台だけです。ハードウェア キー証明書を使用するには、物理的なハードウェア キーが必要です。ハードウェア キー ライセンスの管理と転送の方法については、ライセンス ユーティリティのヘルプ ファイルを参照してください。

ソフトウェアからハードウェア キーへの変換
  1. はじめに My Kepware アカウントにログインして、ホームページ上の「ハードウェア キーのライセンス変換」を選択します。
Step-1.png​​
 
        2.  ハードウェア キーのライセンス変換ツールが開くとソフト ライセンスに関連付けるハードウェア キー ID
(大文字と小文字を区別) を入力して「検索」をクリックします。キー上の既存ソフトウェア ライセンスが検索されて、同一ドライバーがある場合は表示されます。旧式の “L-“ ライセンスとソフト ライセンスを組み合わせることもできます。

Step-2.png

        3.ハードウェア キーにソフト ライセンスを追加するには、スクリーン左下の「ライセンスの追加」を選択します。

        4.  ハードウェア キーに移動させるソフトウェア ライセンスをコピーして、「ライセンス認証ID」フィールドに貼り付けます。フィールド右側の「+」をクリックして同一のハードウェア キーにライセンスを追加します。このプロセス中にエラーが出ると、その原因とともに明快な指示が表示されます。このテーブルを使用してエラーをトラブルシューティングする

        5.  変換するすべてのキーを入力後、「送信」をクリックします。

Step-4_5.png

        6.  ポップアップ ウィンドウが表示されて、目的のハードウェア キーに移動したすべてのライセンスが一覧表示され、この処理を元に戻せない旨の確認を要求されます。「確定」をクリックして続行します。

Step-6.png

お客様の My Kepware アカウントに関連付けた電子メールへハードウェア キー証明書ファイルが送付されます。

Step-7.png


 

KEPServerEX V5、LinkMaster、RedundancyMaster

KEPServerEX V5、LinkMaster、RedundancyMaster のソフトウェア ライセンスの認証と転送のプロセスは複数の手順で構成されており、インターネットで Web ベースの My Kepware ポータルにアクセスして行う必要があります。詳細な手順については、以下の各トピックを展開してください。

ライセンスの認証
  1. まず、ホスト マシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
    • KEPServerEX: システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ライセンスユーティリティ」を選択します。
    • RedundancyMaster: RedundancyMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
    • LinkMaster: LinkMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
  2. ドロップダウン リストで「Manage Software Licenses」を選択し、「Next」をクリックします。

  3. 「Activate a product」を選択し、「Next」をクリックします。

  4. 「Create an Activation Request File」「Activation ID」に、製品購入時に Kepware から提供されたライセンス認証 ID を入力します。次に、「Save to File」をクリックします。

  5. ライセンス ユーティリティによって要求ファイルが生成され、ファイル選択 ダイアログが表示されます。要求ファイルを保存します。次のステップで My Kepware ポータルに送信するので、場所を控えておいてください。


    注記: ライセンス認証要求ファイルのデフォルトのファイル名は "activation_request.txt" ですが、必要であれば、ライセンス管理しやすいようにファイル名を変更できます。とくに、一度に複数の製品のライセンスを認証する場合はファイル名を変更すると便利です。
  6. インターネット ブラウザで、https://mykepware.com の My Kepware ポータルに移動します。このポータルを以前に利用したことがある場合は、ログイン情報を入力してください。初めて利用する場合は、My Kepware アカウントを作成する必要があります。
  7. ログインしたら、「Product Licensing」「Activate Product License」をクリックします。ライセンス認証要求ファイルをアップロードして、製品を認証します。

  8. フォームの入力必須のフィールドすべてに記入してから、「Generate Activation Response File」をクリックします。ライセンス認証応答ファイル ("response.txt") をポータブル メディアに保存します。


    注記: ライセンス認証応答ファイルのデフォルトのファイル名は "response.txt" ですが、必要であれば、ライセンス管理しやすいようにファイル名を変更できます。とくに、一度に複数の製品のライセンスを認証する場合はファイル名を変更すると便利です。
  9. 次に、ライセンス ユーティリティに戻ります。「ソフトウェア ライセンス認証の管理」で、「ライセンス認証応答ファイルをインポート」「ファイルをインポート」をクリックします。My Kepware ポータルからダウンロードしたライセンス認証応答ファイルを選択し、「開く」をクリックします。


    注記: この時点で応答ファイルが処理されます。
  10. KEPServerEX のライセンス認証が正常に完了すると、「ライセンス認証の完了」画面が表示されます。「閉じる」をクリックして終了するか、「次へ」をクリックして「ライセンスの表示」ページを開きます。LinkMaster および RedundancyMaster では、ライセンス認証が正常に完了すると、「ライセンスの表示」ページがただちに表示されます。

  11. 次に、ライセンスのデモ モードでの実行を停止するために、ランタイム サービスを再起動します。
    • ライセンス ユーティリティ: 「閉じる」をクリックします。
    • KEPServerEX: システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ランタイムサービスを停止」を選択します。ランタイム サービスが停止したら、システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ランタイムサービスを開始」を選択して再起動します。
    • RedundancyMaster: システム トレイ内にある「RedundancyMaster」アイコンを右クリックし、「ランタイムサービスを停止」を選択します。ランタイム サービスが停止したら、システム トレイ内にある「RedundancyMaster」アイコンをクリックし、「ランタイムサービスを開始」を選択して再起動します。
    • LinkMaster: LinkMaster を開き、「File」 > 「Shutdown Runtime and Exit」を選択します。次に、LinkMaster を再び開きます。

ライセンスの転送
  1. まず、ホスト マシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
    • KEPServerEX: システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ライセンスユーティリティ」を選択します。
    • RedundancyMaster: RedundancyMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
    • LinkMaster: LinkMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
  2. ドロップダウン リストで「Manage Software Licenses」を選択し、「Next」をクリックします。

  3. 「Transfer a product activation」を選択し、「Next」をクリックします。

  4. 「Select an Activation to Transfer」のドロップダウン メニューで、転送する製品ライセンス認証を選択します。リスト ボックス内の製品が更新されて、選択したソフトウェア ライセンスに含まれる機能が表示されます。

  5. このマシン上のライセンスの認証を解除するため、「Transfer the Activation File」「Save to File」をクリックします。これによって、インストールされているソフトウェアのライセンス権限が無効になります。保存された転送要求ファイルが My Kepware ポータルで処理されないと、ユーザーはそのライセンスを使用できません。

    注記: このボタンを選択すると、下のような警告が表示されます。「OK」をクリックします。



    重要: ユーザーのライセンス認証にサポートおよびメンテナンスのサブスクリプションが含まれる場合は、下のような警告が表示されます。「OK」をクリックします。

  6. ファイル選択ダイアログが表示されます。要求ファイルを保存します。次のステップで My Kepware ポータルに送信するので、場所を控えておいてください。



    注記: 転送要求ファイルのデフォルトのファイル名は "transfer_request.txt" ですが、必要であれば、ライセンス管理しやすいようにファイル名を変更できます。特に、一度に複数の製品を転送する場合はファイル名を変更すると便利です。

    重要: 転送要求ファイルは、転送元のホスト マシンのライセンス ユーティリティで生成する必要があります。ライセンス転送プロセスを完了するには、インターネット接続が必要です。アクティブなライセンスの転送元のホスト マシンがインターネットにアクセスできない場合は、インターネット接続可能なコンピュータに転送要求ファイルをコピーする必要があります。これは、My Kepware ポータルにログインして、転送要求ファイルをアップロードするためです。
  7. インターネット ブラウザで、https://my.kepware.com/mykepware/ の My Kepware ポータルに移動します。過去に My Kepware ポータルを利用したことがある場合は、ログイン情報を入力してください。初めて利用する場合は、My Kepware アカウントを作成する必要があります。
  8. ログインしたら、「Product Licensing and Registration」「Transfer License」をクリックします。「Choose file」をクリックして、前に保存した転送要求ファイルを選択します。選択したら、「Open」をクリックします。

  9. 次に、「Process Transfer Request」をクリックします。

    注記: この時点で、転送要求ファイルが処理されて、ライセンスがオンライン アカウントに正常に保存されたことを示すメッセージが表示されます。これで、転送した製品を別のマシン上でライセンス認証できるようになりました。

    重要: ライセンス認証の転送に関する制限については、ライセンス ユーティリティの製品マニュアルを参照してください。
緊急対応ライセンス

購入した各ソフトウェア ライセンス認証 ID には緊急対応ライセンス認証 ID が付属しています。これは、通常の営業時間外にマシンやシステムに障害が発生した場合に使用するためのものです。緊急対応ライセンスの認証は、ターゲット マシンからベンダーのライセンス処理用 Web サイトを通じて行います。このライセンスによって製品を 7 日間実行できます。緊急対応ライセンス認証 ID は、一度だけ使用できる特異なライセンスです。緊急対応ライセンス認証が必要な製品ごとに、1 つのライセンスを使用する必要があります。緊急対応ライセンスを使用した後、テクニカル サポートに連絡し、アプリケーションの使用を再開する方法をご相談ください。

注記: 緊急対応ライセンスを使用するコンピュータからインターネットにアクセスできない場合、ライセンス認証応答ファイルを生成するには、インターネット アクセスが可能なコンピュータにライセンス認証要求ファイルをコピーする必要があります。ライセンス認証要求ファイルとライセンス認証応答ファイルの両方をターゲット マシン上で処理する必要があります。ライセンス認証の詳細については、ライセンス ユーティリティの製品マニュアルを参照してください。

重要: マシンやシステムで障害などが発生する前に、適切な回復手順を確認しておくことが重要です。さらに、現在アクティブなすべてのライセンス認証 ID のコピーを保存しておくことで、回復が容易になります。また、インストール済みサーバーの正しいバージョンを記録しておくのも有用です。

ハードウェア キー証明書の管理

ハードウェア キーは、Kepware によって生成されるデジタル署名済みファイルとともに使用されます。これらのファイルには、ライセンス認証済み製品のリストに加えて、一意のハードウェア キー ID (フレックス ID) が含まれています。各ハードウェア キー証明書を多数のホスト マシンにインポートすることができますが、ハードウェア キー証明書に関連付けられた物理的なハードウェア キーを接続できるマシンは一度に 1 台だけです。ハードウェア キー証明書を使用するには、物理的なハードウェア キーが必要です。

重要: ハードウェア キーが適切に機能するには、追加のソフトウェア機能をインストールする必要があります。このインストールは、初期設定時に行えるほか、製品のインストール実行ファイルを再実行して「修正」を選択することでいつでも行うことができます。「機能を選択」で、「ハードウェアキー」「Entire feature will be installed on the local hard drive」を選択します。次に、操作を続行してインストールを完了します。詳細については、Kepware のインストール ガイドを参照してください。

アプリケーションのランタイムに物理的なハードウェア キーを認識させるには、ハードウェア キー証明書をライセンス ユーティリティにインポートする必要があります。詳細については、下の手順を参照してください。

  1. まず、ホスト マシン上でライセンス ユーティリティを開きます。
    • KEPServerEX: システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ライセンスユーティリティ」を選択します。
    • RedundancyMaster: RedundancyMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
    • LinkMaster: LinkMaster を開き、「Help」 > 「License Application」をクリックします。
  2. ドロップダウン リストで「Manage Hardware Key Certificates」を選択します。


  3. 「Import a Hardware Key Certificate」「Import File」をクリックします。Kepware から送信されたハードウェア キー証明書を選択し、「Open」をクリックします。
  4. ライセンス認証が正常に完了すると、「View Licenses」ページにライセンス認証済みの製品のライセンス情報が表示されます。

  5. 次に、ライセンスのデモ モードでの実行を停止するために、ランタイム サービスを再起動します。
    • KEPServerEX: システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、ランタイムサービスを停止」を選択します。ランタイム サービスが停止したら、システム トレイ内にある「KEPServerEX」アイコンを右クリックし、「ランタイムサービスを開始」を選択して再起動します。
    • RedundancyMaster: システム トレイ内にある「RedundancyMaster」アイコンを右クリックし、「ランタイムサービスを停止」を選択します。ランタイム サービスが停止したら、システム トレイ内にある「RedundancyMaster」アイコンをクリックし、「ランタイムサービスを開始」を選択して再起動します。
    • LinkMaster: LinkMaster を開き、「File」 > 「Shutdown Runtime and Exit」を選択します。次に、LinkMaster を再び開きます。

ハードウェア キー証明書の管理の詳細については、ライセンス ユーティリティの製品マニュアルを参照してください。

ClientAce

ClientAce のライセンス認証とロック解除は、別のマルチステップ プロセスを使用して行います。

ライセンスの取得と登録
  1. まず、「スタート」 > 「プログラム」 > 「Kepware Products」をクリックします。次に、「ClientAce」をクリックし、「License ClientAce」を選択します。
  2. 「Kepware ClientACE License」「Acquire License」をクリックします。

  3. 「Registration Information」セクションで、「Name」フィールドと「Company」フィールドにそれぞれ情報を入力します。「License Information」フィールドに、Kepware が必要とするライセンス情報が自動的に入力されます。



    注記: 各行にデータが含まれていることを確認してください。「KEY1」の行が空白になっている場合は、これを右クリックして「Run as Administrator」を選択することで、ライセンス ユーティリティを再実行します。
  4. このソフトウェアは電子メールを作成するように設計されています。この機能を使用しないでください。ロック解除リクエストは電子メールでは処理されなくなりました。ロック解除を要求するには、以下の手順に従ってください。
  5. My Kepware ポータルにログインして、チケットを送信してください。テクニカル サポートがこのリクエストの完了を支援します。
  6. ログインしたら、以下を行ってください。
     
    • 製品購入時に取得したライセンス情報を入力します。
    • 件名に「CA License Order Activation」を追加します。
    • 「Tell us about the issue you are having:」フィールドにリクエスト情報テキストの本文をコピーします。
    • 製品として「ClientAce」を選択し、対応するバージョンも選択します。
    • 問題の具体的な領域として「Licensing」を選択します。
    • 「Open a Case」を選択します。
  7. 担当するエンジニアから、この製品のロック解除応答コードを含む返信メールを受け取ります。返信メールには、製品のライセンス テキストが含まれています。コードをコピーして「Kepware ClientACE License」に貼り付けます。

  8. 次に、「Register License」をクリックします。



    注記: この時点で ClientAce のライセンス供与が完了し、カスタム クライアント アプリケーションの署名にこのツールを使用できるようになります。