リリース ノート



フィルタ条件: KEPServerEX 6.5.829.0
32 結果 (ページ 1 / 2)

製品
詳細

KEPServerEX

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

インストーラ

  • 更新された最新のハードウェア キー インストーラには、Windows 10 と Windows 7 のサポートが追加されています。
  • AutomationDirect Suite に AutomationDirect EBC ドライバーを導入しました。
  • Building Automation Vertical Suite に System Monitor ドライバーを導入しました。

サーバー構成

  • 新しいプロジェクト プロパティを追加して、.opf プロジェクトをパスワードで暗号化できるようにしました。
  • 新規の .opf プロジェクト ファイルを保存する際にパスワード ダイアログ プロンプトが表示されるようにしました。
  • (保護されていない) JSON プロジェクト ファイルを保存する際に警告ダイアログが表示されるようにしました。
  • 無効な配列サイズが原因で書き込みが失敗した場合に、よりわかりやすいエラー メッセージが表示されるようにしました。
  • 許容される仮想ネットワークの最大数が 500 に増加しました。
  • オンライン ヘルプ システムを改良して、用語集の用語やリソースのリンクをクリックできるようにしました。
  • 新規プロジェクトでは、OPC HDA、OPC .NET、OPC AE のインタフェースはデフォルトで無効になります。

サーバー ランタイム

  • _MaxPendingWrites 統計タグがまったく更新されない問題を修正しました。
  • 読み取りが済んでいない配列への書き込み操作が失敗する問題を修正しました。

Simulator

  • RAMP、RANDOM、USER のタグが付いた QWORD データ型および LONGLONG データ型のサポートを追加しました。
  • ダブルまたは浮動の R レジスタ配列を、ほかのデータ型と同様に自動増分するように修正しました。
  • バイト単位のブール値ではなく 1 ビット単位のブール値を実装するブール レジスタ型を追加しました。
  • 読み取りが済んでいない配列への書き込み操作が失敗する問題を修正しました。

ABB Totalflow

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • すべてのメーター不一致エラーに対するイベント ログ メッセージを追加しました。
  • 液体タービン メーター用の ABB extradata.ini の新しいリビジョンのサポートを追加しました。
  • DB1 デバイスの毎時間のフロー時間を報告する際の問題を修正しました。
  • 特定の状況で文字列の読み取りが失敗していた問題を修正しました。
  • 高頻度のリアルタイム ポーリングによって EFM ポーリングの実行がブロックされることがないようにする機能を追加しました。
  • 消失データをデバイスから取得するためのポインタ ロールバックを追加しました。

Allen-Bradley ControlLogix Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • ファームウェア V31 (新しいエネルギー タグを含む) のサポートを追加しました。
  • 「プロジェクトのオンライン編集が検出されました」というイベント ログ メッセージにチャネルとデバイスの情報を追加しました。

Allen-Bradley Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 文字列タグがサーバーのクラッシュを引き起こす場合がある問題を修正しました。

BACnet/IP

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • サーバー ランタイムのクラッシュの原因となる問題を修正しました。

Beckhoff TwinCAT

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • タグ生成時に特定のデータ型が認識されていなかった稀なケースを修正しました。
  • 文字列の読み取り / 書き込み時にメモリ内のデータが破損する可能性がある問題を修正しました。

CODESYS Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 応答時間が長くても V2.3 デバイスに接続できるようにするために、構成可能な要求タイムアウトを追加しました。

Configuration API

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • SSL 3.0 のサポートを取り止めました。セキュリティの向上のために、TLS1.0、TLS1.1、TLS1.2 のみを使用可能な接続暗号とします。
  • HTTP キープアライブ プロパティを有効にするために、Configuration API に新しいオプションを追加しました。
  • プロジェクト ロード サービスでの .opf プロジェクトのロード時にパスワードを指定する機能を追加しました。

DataLogger

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • ストア アンド フォワード (SAF) が有効になっていると DataLogger のログが失敗する問題を修正しました。
  • 起動時またはログ グループのステータスを無効から有効に変更したときに、DataLogger によってレコードがログに正しく記録されない場合がある問題を修正しました。

EFM Exporter

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 毎時間の PGAS エクスポートが示す間隔が 1 時間より大きくなる問題を修正しました。
  • AGA7 出力についてメーター タイプが常に「タービン」に設定されていた問題を修正しました。
  • PGAS エクスポートで立ち下がり時間が一定の時間境界 (分 = 0) にある場合に立ち上がり時間が正しく計算されなかった問題を修正しました。
  • 毎日のレコードに PGAS エクスポートの立ち上がり / 立ち下がり時間のフラグが適用されていなかった問題を修正しました。

Enron Modbus

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 32 ビットの LBCD タグを適切に書き込めるようにするために問題を修正しました。

Fisher ROC Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • Point Type 48 のパラメータ 35 ~ 38 のサポートを追加しました。
  • VCone メーター タイプと計算方法のサポートを追加しました。>

Fisher ROC Serial

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • Point Type 48 のパラメータ 35 ~ 38 のサポートを追加しました。
  • VCone メーター タイプと計算方法のサポートを追加しました。>

IEC 60870-5-101 Master

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • IEC60870 Step コマンドに無効な値が書き込まれる場合があった問題を修正しました。

IEC 60870-5-104 Master

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • IEC60870 Step コマンドに無効な値が書き込まれる場合があった問題を修正しました。
  • 範囲を正確に記述するようにエラー メッセージを更新しました。
  • T1、T2、T3 の待機時間の最小 / 最大設定を仕様に合わせて変更しました。
  • 同じデバイスの最小、最大、デフォルト設定を秒単位に変更しました。
  • 接続タイムアウトの最大値を 255 秒に変更しました。

IEC 61850 MMS Client

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 接続の再確立時の無効な RCB イベント ログ エラー メッセージを削除しました。

Mitsubishi Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • 単一のレジスタの残りのバイトを NULL 終端するだけでなく、文字列の全長を書き込むオプションを追加しました。

Modbus Ethernet

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • エミュレートされたスレーブ デバイスを任意のローカル アドレスで作成できるように更新しました。
  • 読み取りが済んでいない配列への書き込み操作が失敗する問題を修正しました。

Modbus Unsolicited Serial

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • ドライバーが無効なトランザクションに対して応答を送信しないようにしました。

MQTT Client

リリース バージョン: 6.5.829.0
リリース日: 2018/06/19

  • サブスクライブしているトピックに対する自動タグ生成機能を追加しました。この機能を使用すると、ユーザーが最小限の設定作業でタグを作成できます。
  • JSON プレイロードに対する UTF-16 サポートを追加しました。これにより、UTF-8 と UTF-16 の両方の JSON プレイロードを解析できるようになります。
  • JSON プレイロードでの "NULL" 値のサポートを追加しました。
  • クライアント ID でのすべての文字のサポートを追加しました。
  • それをサポートしているクライアントに対する非送信請求データ更新を追加しました。
  • チャネル総数の上限が 60 になりました。